2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

恋愛

2006年6月26日 (月)

平松愛理・清水信之/チュピタンサスの木

 理想の夫婦。

平松愛理は、その昔、自分でデモ曲を作るために、当時の最高機種・プロユース仕様のシーケンサ、YAMAHA・QX3を使用していたらしい。
あのワープロみたいな、ボタンだらけのマシンですね。

彼女の曲のアレンジを担当していた清水信之氏(その後二人は結婚)が、「どうして平松さんみたいなあんないい歌詞を書く人が、QX3なんか使うんだろう?」とギモンに思った、というエピソードが私にはあまりに印象深くて。

私も。平松愛理、というと真っ先に歌詞だな…。
でもきっと、男の人はこういうの、嫌いなんだろな。思い出を美化する、しばられる、みたいなの。

私が自分で歌詞を書くようになって、一番気をつけていたことは、
「歌詞は日記になってはいけない」。
自分の心情をつらつらと書き綴る詞がのった曲、というのはどうも音楽に聴こえてこなくて。

個人的にそのテの詞は私の中では、音楽、という意識を強く持つことを前提にすると、存在価値が低めのポジションになりつつあるのだ。
ただ、そういう詞はすごく共感を得やすいもので…、ひきつけられてやまない。
そんな詞が多いのも平松愛理の特徴のように思う。

この「チュピタンサスの木」もアルバムに収録された一曲に過ぎない…はずが、多くの女性ファンの絶大な支持を得ている曲。
ミディアムなバラードだけど、ノブさん特有のキラキラしたポップなテクスチャーもありつつ。メロウで、どこかノスタルジック、その辺りが女の子らしくて、平松愛理のイメージに合っていて。いいコンビだなあと実感できます。

詞の世界は。
1シーズンの間付き合っていたものの彼女と元サヤになり、去って行ったはずの彼が、自分への未練のそぶりを見せる。
そんな彼への思いを綴った、という、男女の恋愛のもつれにアリがちな?場面を切り取った内容。

その思いの丈が深くて、恋心はリアルで。聴いた瞬間に感情移入しちゃいました。
こういうのってホント、映画をみているみたいな感覚でせつなくなる。

『あえば死がふたりを別つときまで 二度と別れ 耐えられないから』

こういうのはある意味、狂気だ、と冷静に思えるときは思えるかもしれない。
でもそれだけ必死で思うことが、人間、あるときはあるワケで…。

このワンフレーズは究極だな、と思う。こういう麻薬みたいな恋愛って…。
別れなければいけない、と冷静なアタマで判断し、物理的に離れることは出来ても、気持ちはなかなかそれに、比例…どころか反比例していってしまったり…。
そういう渦中にいる人間が見る風景のありとあらゆるものが、リアルに描かれています。

この曲に限らず、彼女の作品は本当にリアルですね。
OLの教祖、なんて言われて同世代の女性の支持を多く集めたのもなんだか納得。

平松愛理といえば、「部屋とYシャツと私」でしょうか。
この曲は結婚式の定番ソングになったり、幸せの象徴みたいな曲ですが。
作った本人、当時は幸せとは縁遠い場所にいたらしく…半ばうらみ節??みたいな状況でつくられたという話を聞いたことがあります。

その後、彼女の曲を手がけるアレンジャーの清水信之氏と結婚、幸せに恵まれたわけですが。

清水信之のアレンジは私、中学生くらいのときから注目していて。ポップでファンキーで細やかにつくられた感じのサウンドが、とにかく好きでした。
渡辺美里とか、大江千里とか…当時のニューミュージック、エピック・ソニー系の音をたくさんこなしていたイメージが強いです。
かなりハマっていたときは、イントロを聴いただけで、あれ、これノブさんだ?と。

時々メロウなセンスもこぼれたりして、それがまた私はツボだったのですが…その辺が平松愛理のアレンジではよくみられるかと思います。

自分の作った曲を尊敬する・愛する人にアレンジしてもらうなんて…最高にステキですよね。
理想の夫婦像だなー…。

2006年5月29日 (月)

ルビーの指環/寺尾聰

愛の幻。

最近ビールのCMでこの曲が使われていて。
なつかしい~と思って画面を見ると、寺尾聰の本人出演。ああ、なんだか昔とあまり変わらないような…。

この曲が流行った当時、私は小学生になったばかりだったかのコドモだったけど。
あのメロがなんとも。他には無い斬新さで、コドモながらにいい曲だなあ、と印象深い曲でした。
今思うと、日本の曲っぽくない、という意味で強いインパクトを与えられたのかもしれない。

そうです、すごく洋楽っぽい。
というかAOR。あのハネのフィーリングからして、日本離れしてるでしょ。
でも歌詞は全編日本語…という、不思議な魅力を持つ曲です。
きっと当時の日本は、フォークとか、歌謡曲にしてもゆるいリズムが全盛だったはず。
単調ではないイントロのコードの流れも斬新だし。
あの時代にこの曲…さぞかしカッコよかったことでしょう。

しかも作曲が…寺尾聡本人なのですね!びっくり。


歌詞もすごくいいなあと思い続けていたところ、ついこの前知ったのですが、なんと松本隆の作品だった…!

道理で。ああ、これって愛の力??と、ひとり幸せになってしまいました…(笑)。
男女の別れのワンシーンの描写が…映像的にリアルで、心理状況もうまくはめ込まれていて。さすがですね。
聖子の作品のときは、女の子の気持ちもどうしてこんなにわかるの?と不思議なんだけど、男の気持ちを描かせてもまた秀逸。惚れ直しました。

あれは8月まばゆい陽の中で 誓った愛の幻

確かにそう…。愛は幻、だと思う。
それは過ぎ去った愛について限定してのこと、だけど。
進行形の愛は、短い永遠のあつまり?みたいな感じ…、現実に続いていくものだろうけど、(と信じたいものだ)過ぎた愛なんていうものは、完全なる幻なのです。


私も恋人だった彼も現実にこの世界で日々生きているけれど、でももう愛し合っていた二人はこの世にいなくて、どこを探しても嘘みたいにもういなくて。
何かの夢だったのかなあ、幻だったのかなあって思う。
あんなに好きだったことも、この幸せが永遠につづくと信じて疑わなかった時間も、映画みたいなキスしたこととかも…全部。無機的になってしまって。

ほとぼりが醒めて現実に戻れば、それはまるで額縁に入れられた絵を眺めているような気分で、過去の自分の騒ぎをみつめるようになるわけですよ、不思議なくらい。
今生きている自分はもしかして別の人間?なんて。
あの二人は、情熱はどこへ行ってしまったのだろう。時間の彼方へと消えてしまった?

過ぎてしまえば、愛とは、完全なる幻、なんですね。

オトナになってからこういう辺りに意味を感じるとは思ってなかったですわ、当時コドモだった私は。このフレーズは重いな…。

サビに繰り返し歌われる、「貴女を失ってから」のフレーズもまた切ない。
ベージュのコートを着た女性の指にルビーのリングをみつけたら。彼はどんな行動をとるのでしょうか…。
幻の
中で生き続ける恋人は、いつまでもキレイなままで。それがきっと、苦い恋の後味、なのでしょう…。

2005年9月 4日 (日)

続・赤いスイートピー/松田聖子

夢が壊れた、7年後。

松田聖子、大好きです…。。

本当―にいい曲に恵まれてますね、聖子ちゃん。

アイドルの域にはおさまらないような名曲揃いで、オトナになった今改めて聴いてみると驚きの連続。作家陣ももちろん、桁外れで豪華だし、しかも歌いこなすには難曲も多く…。

「赤いスイートピー」は、多くの女性の心をつかみ、それまでのファン層を大きく変えてしまう勢いで、女性に絶大な共感と支持を得た名曲。作詞は松本隆、作曲とアレンジはユーミン夫妻。

おそらく、お互いにとって、これが初めての本当の恋?という恋の入り口に立った、大人一歩手前の二人が初々しくて、純粋さが切なくて。
誰もがきっと、見守ってあげたいなあ、とあたたかな気持ちになるような…、微笑ましい世界。
そんな世界をユーミンの叙情的なメロディが盛り上げていて。まさに王道・青春ソング。
きっとこれからの二人には幸せが待っている、誰もがそう思っていたはず…なのに。

それから7年後の、「続・赤いスイートピー」。

二人はその後、別れてしまっていたことが判明します…。

作詞は同じく松本隆、作曲・アレンジはデヴィッドフォスターという、私的には超・夢の饗宴!!
そしてこの曲が収録されているアルバム「Citron」は、当時、世界が大注目のスーパー売れっ子プロデューサー、デヴィッドフォスターのプロデュース作品!お金かかってます。
作曲・アレンジはもちろん、デュエットまでしてる曲もあったりして…。このアルバムで一番有名な曲といえば、「抱いて…」かな。

サウンド的には、当時最先端の?打ち込みサウンドが主流。
今聴くと懐かしい音がたくさん…。シンドラの音とか、モロ・デジタル・80年代ぽいのもあり。
もなんだか気になるのが、聖子のボーカル…。

なんだかいつもの彼女らしくない、のびのび楽しく歌ってる感じがまったくないような気がして…。ちょっと違和感。でもピッチは超!正確。
無理にピッチ矯正に力を入れるあまりに、曲想が死んじゃった、という典型的なパターンなのかな…。初めてのレコーディングとかでよくありがちな例なんだけど。

アレンジも凝っていて。
⑩「林檎酒の日々」は、後に彼のアルバム「シンフォニー・セッションズ」の中の一曲にも取り上げられているほど、彼のお気に入りとなったようで、オーケストラアレンジが美しい。映画のサントラみたい…。
⑨「四月は風の旅人」も70年代AOR風アレンジで、フュージョン好きの人に人気のある曲。
全体を通してサウンドもボーカルもきっちり五分五分くらいで、どっちも主張しすぎない、普通のアイドルとも一線を画したレベルの高い仕上がりになっています。

そして⑦「続・赤いスイートピー」。

「赤いスイートピー」のような牧歌的な雰囲気はあまり無く、淡々とした8ビートにクールな歌い方が、ちょっと大人になった女性の雰囲気。

彼とは別れてしまったのですね…。

彼はすでに幸せな結婚をしたそうで…。

「優しいあなたには 優しい人がいい 女らしくておとなしい人が」ってあたりがなんだか。
負け惜しみ?なんていい方は悪いけど、未練?とまではいかなくても、彼女の中での彼の存在は大きかったんだなあ、と想像つきます。

それほどの恋愛だったのでしょう。

恋愛って燃え上がれば燃え上がるほど、終わったときに後味が悪くて。それが初めての本気の恋愛だったら尚更…。

そうやって痛い目みながら大人になっていくのですねー。何度もやってたら身が持たなくなるけど(笑)失恋が女をキレイにさせる、人を成長させる、というのは納得です。

でも「赤いスイートピー」の二人は、幸せに向かっているものだと、誰もが信じて疑わなかったのに…まさかこんな結末だったとは…ちょっと夢を壊された気分。
でもこれが現実なのかもしれませんね。
恋愛に限らず、初めてのことって思いのほかうまくいかない…。

そして最後の最後が、これまた圧巻。

『もしもわがままを言わずに 生きれば 運命は違ったの?』

……人生とはこの繰り返しである、と思う…。。