2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2012年3月 »

2011年10月

2011年10月22日 (土)

David Foster&Friends 2011.10.20 東京国際フォーラム

握手してくれました…涙。

1401_l_3

去年の奇跡の来日が、再び!
今年も行ってきました、David Foster。

去年の私。
もう、16年ぶりの来日に狂喜乱舞して、そりゃもう、大騒ぎ。
ライブの間もずーっと感情放出しっぱなしで、もう泣くは喜ぶわ、、翻弄され続けて終わった感じ。
今年はもうちょっと落ち着いて、音楽を楽しめるかな。。

今年の公演は、私の周りではデヴィッドフォスターマニアではないけどシャリース目当てで、みたいな人が多かった気がする。シャリース、恐るべし。

111020_2151010001

セットリスト 

00. Video: Flash Hits of David Foster
01. Theme From St. Elmo’s Fire
--- Jackie Evancho ↓
02. Lovers
03. Mio Bambino
--- Charice ↓
04. Louder
05. Stand Up For Love [Destiny’s Child]
06. Unbreak My Heart [Toni Braxton]
07. Power Of Love [Celine Dion]
--- BTS Audition Winners
08. Fumika 17 years old: All By Myself
09. Arai Lily 11 year old: Listen
--- Russel Watson ↓
10. Because We Believe
11. Volare (ヴォラーレ)
12. Nessun Dorma (プッチーニ、「誰も寝てはならぬ」) [Luciano Pavarotti]
--- Ashanti ↓
13. Ashanti Medley: Rock Wit U ~ What’s Luv ~ Always On Time ~ Foolish ~ The Way That I Love You
14. Bodyguard Medley: I Have Nothing ~ I’ll Always Love You [Whitney Houston]
15. Audience: Ms. Hiroko Ohta sings a chorus of “I Believe I Can Fly”
--- Philip Bailey ↓
16. In The Stone [Earth Wind & Fire]
17. Fantasy [Earth Wind & Fire]
18. After The Love Has Gone [Earth Wind & Fire]
19. September [Earth Wind & Fire]
--- Michael Bolton ↓
20. When A Man Loves A Woman [Percy Sledge]
21. To Love Somebody
22. Georgia On My Mind [Ray Charles]
23. The Prayer (with Charice)
24. Earth Song [Michael Jackson] (All)
25. September (Outro)
Enc. Winter Games (with band)
Enc. Solo A Riff of: It’s So Hard To Say Goodbye ~ You’re The Inspiration ~ Glory Of Love ~ Through The Fire ~ Look What You’ve Done To Me ~ To Love You More
Enc. Water Fountain ( Love Theme From 'Secret Of My Success' ) (David +Boh only)
(吉岡正晴氏のページより拝借)

私の席は、21列目で1階の前のブロックの最後列で、真ん中のブロックと右側のブロックの間の通路がすぐ隣にあった。その通路のちょっと離れたところ(私の席から50㎝くらい)に、白い粘着テープで、×印のバミリがあって…あれ、これ誰かの立ち位置かな?え、もしかしてデヴィッド・フォスター???と、開演前にしばしパニックになった。

そして予想的中。
去年と同じように、スクリーンにイメージフィルムが流され、それに見入っていたところに、デヴィッド・フォスター登場。そして、例のバミリの位置でライトがあたり…!
もう、考える間もなく、彼に駆け寄ってました。

そして、握手してもらった…。
信じられない!!!!しばし放心。
サービス精神旺盛な彼、客席の人とハグしたり握手したり、カメラ持ってないの?みたいなしぐさまで見せてたけど…会場にはカメラ禁止のアナウンスが流れてたのよね。
携帯でもいいからカメラ持って走れば良かった~。

1曲目はSt. Elmo’s Fireで…ステージでピアノを弾く彼を見て、今年も会えてよかった!と、感激で胸がいっぱいになり。
先日、テレビでも拝見した、ジャッキー・エヴァンコちゃん登場。
ホントにちっちゃい!11歳(だったかな?)フライングして出てきちゃったのもまた可愛かったけど、歌うとすっかり大人で…。
いつかのシャルロット・チャーチと重ね合わせてしまいました。

そして、2人めにして、まさかのシャリース登場!!
去年に比べて貫禄がついたような…去年はコドモっぽさが残る感じで、特にMCの時とか。
もうすっかりベテランさんだなー、と。
去年ほどバラードに特化した選曲ではなくて新鮮だったかな。

そいえば、 I’ll Always Love You はアシャンティが歌ってたし。
All By Myselfは、オーディション枠のフミカさんが歌ってた。どっちもシャリースで聴きたい曲だなーと思ってたんですけどね、個人的に。去年のその2曲が印象的すぎて。
あ、なぜか、フミカさんが歌う時、なんとなくAll By Myselfなんじゃないかなあ~、と直感で思ったんだけど、デヴィッド・フォスターが最初のコードを鳴らした時はビックリした。

そしてフィリップベイリー!
EW&Fで一番好きな曲って、Fantsyなんですよー、実は。これは嬉しかった。
そして「After The Love Has Gone」!!やっぱりフィリップベイリーが来るからにはコレ聴きたかったってば!みんな待ち望んでましたよね。感激。
そして、Septemberではディスコ状態に。
終わってからもはしゃぐデヴィッドフォスターが可愛かった♪

マイケルボルトン…実は、高校の時くらいにハマったことがあるんです。
やっぱ、コレ「How Am I Supposed To Live Without You」


この後のソウルプロヴァイダーとか、The Classics とか聴きこむ女子高生だったけど、でもこの辺りにもデヴィッド・フォスターが絡んでいたとは…知らなかった。。。

そんな彼に会えるとはね…。瞬時にフラッシュバックして、涙ぐんじゃいました。
シブさを増してて、カッコ良かった!!
そして、最後にシャリースとデュエットした「The Prayer」。あれはすごかった。
この日一番感動した歌だったかもしれない…。

アンコールは、まさかの「Winter Games」!!!
ここで聴けるとは…。

ドラムのジョン・ロビンソンがもうー、カッコよくて。
さすがにこのライブでは控えめにしてるのかもしれないけど…、デヴィッドフォスターと目でコンタクト取ってるときとか、いちいち胸キュンしてました☆

そして、最後の最後のアンコール。ピアノで「Hard To Say I'm Sorry」を歌い出して…もちろん客席騒然。かと思ったら、次々にヒット曲をちょこっと歌いだして、スルー・ザ・ファイヤまで!!これは貴重だったかも…ところどころに、ああ、これは歌えないやー、とか小芝居を織り交ぜつつ。


そして、アンコール本命は、 まさかの「 Water Fountain」
コレ、みんな聴きたかったよね…!!


デヴィッド・フォスターって、もちろん名プロデューサーであり、コンポーザーであり、プレイヤーであるわけだけど。
ステージでは主役にして現場監督なんですよね、アーティストが登場してMC~曲へのキュー出しのタイミングが本当に絶妙で。そんなところで感嘆し続けてました。素晴らしい。見習いたい。

終わったのは21:45分くらい、実に2時間45分のステージ、長い!!けどあっという間だった。

去年も思ったけど、長生き(?)していて良かったなー、と。
10代の頃から聴きまくって、恋焦がれていた曲と彼に逢える時が来るなんてね。
本当に幸せです。
それまではクラシックしか弾いたこと無かったけど、私の音楽の可能性をひろげてくれたのは、たぶんデヴィッドフォスターの音楽です。
そんな音楽にじかに触れることができるなんて…本当に、至福の時間でした。

握手してもらったこと、一瞬目が合ったこと…どれもこれも本当に幸せで、しばらくはこれだけで生きていけそう(笑)

また来年も会えますように。待ってますheart

2011年10月 3日 (月)

Jasper 2nd Live ありがとうございました!

2011.10.1(土)Jasper 2nd Live 六本木Edge,来てくださった皆さま、ありがとうございました!

201110011817152_2

                                                 Photo By とはし@
EdgeはJasperは2回目の登場。

Dsc00810

出番は一番目、17:30というちょっと早めの出演でした。

今回のライブ、予想外のことがたくさん…。
なんといっても、予想を遥かに上回る集客でしょう。
たくさんの方に来ていただいて感激です。
そして、その盛り上がりも想像以上。
本当にありがたいと思います。

Jasper,ライブは一年ぶりだし、お祭りっぽくゴージャスに盛り上がりたいね!
というワケで。
ナミとマキはお揃いのコスチュームで。
Wink_2_2

                            
帽子の形のヘッドドレスをつけると、AKBみたいになるのね…。

そしてもう一つの想定外というか、なんといいますか、今回のライブの目玉となった…ヨシミちゃん!!

Dsc00807_2

もちろんヨシミちゃんは真ん中ですよ!

3人揃ったメンズ

Dpp_43_2

今回のライブがある意味初めてのような…、やっと役者が揃った!と満を持してのJasperライブだったのです。

♪Set List

1.Drunk On Love/Basia(カバー)
2.Brightness
3.Labyrinthos →New
4.恋はここから/奥村愛子(カバー)
5.Skyscraper/Deodato(カバー)
6.Mykonos Blue →New
7.If I Ever Lose This Heaven/Leon Ware(カバー)
8.Magnetic

オリジナル曲とカバー曲、ちょうど半分くらいになりました。

BasiaのDrunk On Love、昔から好きで、Jasperでやりたいなーと思っていたのが念願かないました。
演奏が楽しい曲なんですよね。

Drunk On Love/Basia カバー


たっくんもコーラスがんばりました!

前回も評判が良かった、オリジナルの「Brightness」

Brightness/Jasperオリジナル Lyrics&Compose:Maki

私は、自分が作った曲の中ではコレが一番好きなんですけどね、今のとこ。
シャーデーみたい!って感想をくれた人もいて、なんだか嬉しかった。

これが意外だったのだけど…、今回、これが評判良かったの…新曲の「Labyrinthos」

シンセの音がいきなりデカくてビビりましたが…。

私が春にギリシャに行ったのですが…、そもそもギリシャ神話が大好きで。
ラビリントスも訪れてきました。

ラビリントスって、いわゆるラビリンス?「迷宮」という訳され方をしてますけど、ギリシャ神話に出てくる、迷路の宮殿のことですね。
入り込んだら出てこられない、という宮殿には魔物が棲んでいて、それを退治するために宮殿に送り込まれる英雄に恋した王女が、彼が戻って来られるように、と、糸の端っこを託すのです。
その糸が続いている糸玉を持って宮殿の入口で王女は彼を待ち、糸のおかげで彼は無事に帰って来られるのですが…、王女の父である王の逆鱗に触れ、最後は悲劇となるわけですが…。

私は赤い糸の伝説って、ここから来ているんじゃないかな?と思って。
そんな歌詞を書いてみました。
私は思ったより暗い曲になっちゃったかなー、と、実は引っかかり気味だったのですが。
この曲のCDは無いの?と、何人かの人に聞かれて、作った人ビックリ。

そしてヨシミちゃんのコーラスあってのこの曲でした。

Dpp_35

バンドの中では人気が高いのが「Magnetic」




たっくんのギターソロがカッコ良い!と評判でした。

Dpp_136_5

今回も、ライブ写真をObiさんに撮っていただいたのですが、今回は、ライブのステージ上に上がりもらって、撮ってもらうという斬新な撮り方でも撮ってもらえました。

Dpp_118

Dpp_13_2

Dpp_09_2

Dpp_38

Dpp_59

Dpp_46

Dpp_31

Dpp_27_2

Dpp_95_2

あたたかい客席のみなさんにも本当に感謝です。
メンバー一同、素敵な夜を過ごせました。
ありがとうございます。

Jasper are

Key&compose&Lyrics.Maki
Vo.Nami
Gt.Takuya Fujimura
B.Hirotaka Nakashima
Dr.Yo Hirayama
Cho.Yoshimi (Support)

Dpp_29_2

See You Next!!

            


« 2011年9月 | トップページ | 2012年3月 »