2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月24日 (水)

スティーヴ・ガッド@ブルーノート東京

Gadddsc6313home1_2    

念願のライブ観戦!ハーヴィー・メイスンにも遭遇!!

8/29(金)、スティーヴ・ガッドのブルーノート公演に行ってきました。

前から行きたいと思いつつ、なかなか機会に恵まれませんでしたが、念願かなってやっと!!の初・ガッドでした。

ホントにあらゆるジャンルを網羅している、スーパー・ドラマーですが。
クールで、タイトで、メタルやビジュアル系をやってるような若い子でもガッドモデルのドラムを使っていたりしますもんね。

多分、私が最初に存在を知ったのは、実はサンプリング音源用のデータCDなんです。
楽器やさんで、ネタCDを物色していたときに、「Gadd」というタイトルのものがあり…有名な人なのかしら??と思ったら、自分の自宅のCDラックには、彼が叩いている作品がたくさんあり、驚いた、という…そんなちょっと邪道な出会いでありました。                                                      
サウンドに興味を持ったのは、やっぱりスタッフかな。
そして、リチャード・ティーのアルバム「Strokin」の「A列車で行こう」を聴いたときの衝撃ったら…。
ベーシスト不在で、良くもここまで!!と、驚愕の一曲ですね。

今回のブルーノートのステージは、ドラムにオルガン、バリトンサックス、ギターという4人編成。(バリサクのロニー・キューバ氏は、ガッド・ギャングのメンバーだったようですね。)
さすがにカッコイイです。
ブルジィーなナンバーあり、スタンダードもあり…。

2曲目辺りで気づきました。
あれ。ベーシストはいないのに、ベースの音が聴こえる…もしかして???と。
ベースの音はB-3の足鍵盤(&左手?)だったのですね。
これには驚き!!
オルガンには憧れつつも、知識も何にも無い私…。
ああ、オルガンを演奏するなら、あそこまでやらないとダメなんだなあ、と自分の非力さを感じたりしました。
ホンモノのB-3はやっぱりカッコいいですね。

あとで聞いた所によると、こういったベーシスト不在で、サックス&オルガン&ドラム、といった編成は、昔はよくあったスタイルらしいです。
しっくりハマってるところが、大御所だなあ、と、ひしと感じました。

スティーヴ・ガッドは今年で63歳?
確かに普通にしてたら普通の初老の男性、といった風貌ですが。
叩くとやっぱり違いますね。

この日も最初はクールでタイトで、ああCDみたいだ、なんて感激しちゃいましたけど。
次第にヒートアップしていくステージに、こっちも興奮しました。
オルガンのソロに煽られて、やや苦しそうに応じる姿が。
バリサクやギターのフレーズの合間の熱のこもったフィルが。

私の席は、ステージ下手側のソファ席だったのですが。
B-3の真裏で、鍵盤が良く見える!!とよろこんだのですが。
イザとなってみると。
オルガンのジョーイデフランセスコ氏、ものすっごい巨漢で…。
彼の身体に隠れて、鍵盤が、足元が全然見えないったら…。
私の3倍はあるね、と笑ったのですが(笑)
見えないのはザンネンでしたね。でもあの音はすごかったです。
私もまだまだとは言え、非常に良い刺激となりました。

素直な感想として。
意外に存在感が薄い人だな、と思いました。スティーヴ・ガッド。
でも一流として仕事を続けられている所以たるものがそこにあるのかも、と考えましたね。
他のミュージシャン達のサウンドを引き立てる役のドラマーとして。
とても重要な持ち味なのかもしれません。

私も、特にサポートで演奏に参加するときなどは、目立ち過ぎぬよう、他のパートの持ち場を壊さぬよう、と気にしつつ演奏しているつもりですが。
そういう引き加減も大事なのかなあと勉強になりました。

アンコールの時に発覚したのですが。
客席に、なんとハーヴィー・メイスンが!!!
普通にソファ席に座ってました。驚愕&興奮!!!
初めてガッドをみに来たのに、まさか東西横綱と言われるドラマー2人を、一度に目撃することになろうとは…今夜はなんて夜でしょう??オドロキでした。
ガッドとは対照的に?ハーヴィーメイスンは、その存在感がすごかったですね。

長年、ドラマーとして、トップの座に君臨しつつある、スティーヴ・ガッド。
生でプレイを見られて&サウンドを聴けて、非常に感激でありました。
私もドラムをやりたくなったなー♪

2008年9月 4日 (木)

ライブレポート★BabyJive@代々木Bogaloo 2008.8.16

84c29cf2fec816c9d9d48ebd870001a9_4

狂おしいほど暑い夏の夜。幸せな夜でした♪

2008.8.16、BabyJiveライブ@代々木Bogaloo、来てくださったみなさん、 どうもありがとうございます!

…今回、ライブレポを書くのが遅くなりましたが…その理由の一つとして。
今回のライブ、実はなんと、写真が無い、というのがありまして…。
諸事情により、無くなってしまったのです、ザンネンなことに。
もしかしたら、誰か撮ってくれたかも??どこかから出てきたりするかも??なんて淡い期待を抱いてちょっと待ってみましたが。やっぱり写真は無かったです…。
ある意味、なんだか「幻のライブ」みたいなライブになっちゃったかな…なんてね。

905165175_121 今回のライブは、日程的にお盆の時期で、ちょっとお客さんの集まりは良くないかなあ?なんて懸念してました。
しかも、連日の、突然の嵐に見舞われないかどうか…この日も予想はばっちりだったので、それがとにかく心配でした。
でも結局、ライブの前後にはあたらないでくれたようで、よかったですね♪

アーバンソウル、というテーマのもとに…髪型をちょっとフラッパーなスタイルに初挑戦してみたのですが、これが意外にもいい感じで。
が、雨の湿気でだんだんボリュームダウン。ボンバーが段々しっとり、と…なんだかシックなソウル系に落ち着いちゃった感じで、これはこれでアダルティーでよかったのかも。

私のセッティングはグランドピアノのみ。
アーバンソウル・ミディアム系でピアノが似あう曲が多かったのも良かったのか、今回はすごく気持ちよく演奏できたライブでした。

ちょっと久々に演奏した「Crusin’」は、タクシードライバーのテーマをモチーフに、Verseをつけて、大人っぽく。
コードを押さえてるだけで、すごく深く、うっとり酔える曲なんですよね…素敵。
その流れのまま「Crusin’」に突入、この曲もダイスキな曲です。
どうしてこんなに、女のコが気持ちを投影させやすい詞の世界を作れるんだろう、と…JUNさんてすごいなあとしみじみ思います。
わりと玄人ウケするナンバーのようですね。

今回は夏ということもあり、なんといっても「September」だったかな。
この曲は毎回必ずライブで演奏されてますが、キャッチーなサビが耳に残る、一番の人気曲です。
イントロはナミちゃんのアカペラチックなVerseに、寄り添うピアノを、というアレンジで。
もともと、この曲ってすごく映像が浮かびやすい世界を持っているんですよね。
妄想しまくって、そのイメージをふくらませました。
波の底に沈んだ永遠が華やいでいたのは、まさに今私がいるような夏だったのかなあ…、と…。
ナミちゃんのボーカルも、いつもに増して素敵に聴こえてきました。

私は初めて演奏した「Thirsty」は、コードがほぼ1つ(サビの一部以外)で進行していく、という曲で…これもビックリしたけど、これまたカッコイイのですよ。JUNさんてすごいなあ、と…演奏は、これ、破壊的なイメージで…、そのあたりはちょうどグランドピアノは打ってつけ、言うことを聞いてくれるような響き方で、この曲は本番が一番楽しかったですね。
またトライしてみたい曲です。人が変わったかのように、狂気でもって…。

「Feel My Groove」も久々でした。
この曲もダイスキなんですよね!グランドピアノで、ってのはちょっとどうなの??って思ったけど…みんな立ち上がって踊りたくなるナンバーですね、私もこの曲は立って演奏してたけど。
ピアノソロが長いのが私にとってもこの曲のキモで。
かなり演奏が気持ちよかったこの日、ガンガン鍵盤を叩きまくって、終ったら指がちょっと痛かった…。
でも心地よいグルーヴと共にライブの終わりを迎えられて、とても気分の良い後味でした。

今回は、とにかく演奏が楽しかったです。
多分、BabyJiveのライブでは一番かな、ってくらい。
そういうライブに限って写真が無くて、(苦笑)ある意味、幻のライブ?みたいになりつつあるのですが…。この空気を次にも持ち込みたいですね、ゼヒ。

そして今回は、客席に、初めてみに来てくれた方が多くて、ブログをみて駆けつけてくれた初対面の方までいらっしゃって…本当に感激です。
お盆でみなさん多用な時期に、ホント、ありがとうございます。

その初めてみに来てくれた方の一人に、「ピアノって激しい楽器なんですね」という感想をいただき…なんだか非常に嬉しかったです。
キレイに癒し系の音が鳴るだけの楽器じゃなくて、いろんな表情があるんですよ。
そう思わせることができた自分にもなんだか嬉しく思えたりしました。
やっててよかったなー、と。

ライブってそういうものですよね、非・日常の世界ですから。
スタイルも演奏も、躊躇せずに色々チャレンジしてみたいと思います。
写真が無くてザンネンですが、今回は今までで一番露出度が高い衣装だったかも…?髪型も一番のお気に入りでしたが。
また次回のお楽しみ、ということで。

次回は11/2(日)代々木のCure*mという、オシャレなライブバー。秋も深まり、ちょっとしっとりした雰囲気のあるライブになりそうです。
ゼヒお越しくださいね★

♪Set List♪
1.Theme From Taxi Driver(Bernard Herrmann)
2.Cruisin'
3.Indigo Rain
4.Thirsty
5.September
6.Soul Flight
7.Feel My Groove

All Songs Written By Jun Kitagawa(Except1) 080816_225002_ed_3


★See You Next!!!

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »