2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月 1日 (土)

The Review★2007

  2007年、出演したライブは16ステージ。
去年の、半年で10ステージ、に比べたらちょっと余裕…だったのかな?

【1月】2007/1/20 Monica Wuライブ 二子玉川Pink Noise

162856811_247_8_3 2007年ライブ始めは、Monicaフルバンドライブでした。
巨匠・水谷さんを迎えての、最強メンバー。
初参加のコーラス2人(まさぼう&ヤコちゃん)は振り付けにも奮闘、華やかなライブ始めとなりました。

普段は、ミュージシャンて男性の方ばかりで。ボーカリストはともかく、バンドメンバーの中では私は紅一点、なんて現場が多いのですが、この日は女性が4人もいて、華やかでした。
本番直前に女の子で集まって、可愛いカフェでお茶してケーキ食べておしゃべりして楽しく過ごし…今思うとすごいリラックスぶりだった(笑)

この日の私のセッティングは、自前の鍵盤2台。KORG TRとNord Electro。162725922_234_3
MonicaのライブでElectroを使うことになるとは…ちょっと意外でしたね。
ハコがクラブ系というせいもあってか、この日はアクティヴなナンバーが多かったのです。私もオルガンやオケヒットを鳴らして、賑やかで楽しかった。

このライブはとても好評で、このメンバーでゼヒ、再演を!との声が多かったですね。
そして、今年のMonicaライブは主にこの日のメンバーがコアメンバーとなっての活動が多かったです。

【2月】Monica Wuライブ アートプレイス新宿

Ed98d19700765502291bc05d619d6254 この日の編成は、AG(平井さん)、EG(yo-zoさん)、B(中島くん)、Fl(水谷さん)、Pf(私)で、セミアコースティック編成。

いつものようにMonicaはトリで出演でしたが…アンコールを演奏する直前に、時間切れ、との指示が出て…、それでも演奏はしたのですが、本当に、時間切れで電源切られた!
びっくり。
まさか、演奏途中に音を奪われるとは…。

でもみんな、負けずに?生音で奮闘。
バラードだったけど、なんとか聴こえるように、と、私もガンガン鍵盤を叩き。
他のメンバーも誰もやめようとしない。
やっぱり、演奏が始まればそれは最後まで続けないと。そういうものですよね、ミュージシャン根性(?)って。

終ってみたらお客さんからは盛大な拍手をいただけて。
伝わるものは伝わってくれたかな、と…。ある意味、忘れられないライブとなりました。

3月Monica Wuライブ 新宿 たかのや

5de30b24bd2fc23b1d0bf3ff2bb355ed_2  この日も豪華メンバーでのフルバンドライブ。
私はグランドピアノと、TRを横付けにして、いつものスタイル。
ピアノが生だとやっぱり気分が全然違いますね。

この日は、初めてサンバ風の曲を演奏しました。
個人的にはもう、これがかなりの課題 75983444a403dc9abc5f72901e445273_2 で…。ボサノバ、サンバは聴くのは大好きだけど、弾くのは大の苦手なんです!!!自慢じゃないけど。
もう、ヒマさえあれば、サンバのリズムでカラダ動かしてましたね、この頃って。
でもさすがにベテランのプレイヤーの方たちに助けられて。楽しく演奏できたかな。
多分、今年一番練習したのは、この曲だったかも(笑)

でもこの日はとても楽しくて。後味の良いライブができたな、と素直に思えましたね。

【4月】 4月はライブが2回!

2007/4/15 Monica Wuライブ 新宿 たかのや
204053649_1_2  この日はいつもより少なめのメンバー編成でした。

本番のセッティング時に、キーボードスタンドが倒れるというアクシデントがあり、そのときにどうやら、ダンパーのジャックが抜け落ちていたらしく、本204077160_81_2番が始まって演奏しながらペダルを踏んだら、思いっきり音がブチ切れて…かっこ悪かったです…(汗)
慌てて演奏中に隙を見ながらジャックを入れました が…焦りました。
本番は何がおきるかわからないものです…。

この日はドラムの鈴木さんのお子さんの誕生日で、みんなでHappy Birthdayを歌ってお祝いしました♪いい誕生日の思い出になったかな…。
「漁火」を久々にギターバージョンで演奏したのも印象的でしたね。

2007/4/21 europoint presents Back To Soul Vol.2 代々木 Bogaloo

ゴスペルユニット、WMK POSSEのキーボードで参加。
このイベント、すごい盛り上がりだったんですわ…あんな人口密度の高いライブハウスで演奏したのって、初めてかも…。
ハイテンションで超ノリノリ、大盛況なライブでした。

ゴスペルとかそういうジャンルって、コードが単調なのが多いのね…。
ワンコードのみで延々、という曲が2曲あって、これは譜面追う労力無しで済んだけど、逆にちゃんと自分でカウントしてないと自分の居場所がわからなくなる…てなリスクがあり。
結構ガリガリかじりついてたかなー。

あとはⅠ-Ⅳ-Ⅴで繰り返し、みたいなパターンとか、8小節ひとまわしを延々と、みたいなのとか…。

ソウルって、比較的、ベースとドラムがキモかなあ、鍵盤は演奏つまらないかなーと思って いたんだけど。
でもその分、演奏を楽しむ余裕があったような気がします。

雰囲気に飲まれっぱなしのステージでした。

セットリストは、かなりマニアック?↓
1 Minister Of Defense / Helen Baylor
2 Put Your Hands / Trin-i-Tee 5:7
3 Spiritual Thang / Eric Benet
4 I'll Take You There / Staple SingersとCece Winans+Kirk Franklinのミックスアレンジ
5 One / Mica Paris(オリジナルはU2)
6 Friendship Train / Gladys Knight & The Pips
7 Closer / Kierra "Kiki" Sheard

【5月】
2007/5/6 平井光一バースデーライブ 渋谷 KABUTO


Monicaのサポートでお世話になっている、大御所プロデューサー平井光一さんの、バースデーライブ。

私は1曲だけ、Monicaのサポートで出演しましたが、大御所だけあって、出演メンバーのスゴイこと…。
観客として釘付けになったライブでした。

平井さんのプレイも間違いなくカッコ良くて。エレキを弾く姿は、私にしてみたらある意味貴重…大御所のなせる業、の数々。

次々に登場する、凄腕ミュージシャンのプレイに、その都度興奮しながら…あっという間に終ったライブでした。ホント、楽しかったー!!
こういうプレイができたらいいな…と密かに野望を秘めつつ。
来年も呼んでもらえますように…、と励みにもなったライブでありました。

2007/5/19 Monica Wuライブ 新宿 たかのや

5207eb98f850e397753d90b4c10e6252 多分、この日は、2007年のmonicaライブの中で一番の演奏ができたかも…?ってくらい、出来の良かったライブじゃないかな、と思ってます。

メンバーもゴージャスメンバーで、曲もバリエーション豊富でした。
1月以来の「シカゴナイト」も久々で楽しかった。自分の得意どうこう、は別にして、やっぱりライブって、みんなでノリを楽しめるようなナンバーが、無条件で楽しいですね。

この日は新曲で、ポップスなんだけどバンドでアレンジしてみたら、60年代風の、なかなかステキなエモーショナルなアレジに仕上がった…という曲を演奏したのですが。
本番のステージでコレを演奏したら、すごく気持ちよい波がやってきたようで、私はついつい、弾きすぎてしまいました…間奏・ギターソロの場面なのに、ピアノでかなり割り込んじゃって…しばらく気づかずづに弾き続け…スミマセン。
223220202_167_3 後で、大御所に、ピアノは良かったねー、と言ってもらえて、救われましたが…ステージって何が起きるかわかりませんね、ホント(笑)

あと、この日はメンバー紹介でかなりイジリのターゲットになったんだっけ、私…。
あらぬ過去を(?)暴露されました…まあ、ステージは何が起きるかわからない、ってことで(笑)

すごくリラックスできて、いいステージでしたね。
作曲家の方からも今日はすごく良かった!とお褒めの言葉をいただき…感謝です。

たまにこういう、何かが降りてくるような?そんなライブってありますよね。
最初から最後まで楽しかった、この年のベストライブでした。

【6月】 6月もライブが2回!

2007/6/23 Baby Jiveライブ 代々木 Bogaloo

623_2 

この年初めての、BabyJiveライブ。新メンバーになってから初めてでもあり。


Bogalooは何度か出演経験はあったけど、意外にも自分のバンドでは初めてのステージでした。


この日のコンセプトは、癒しかな?Live de アロマ。
バンマス奥様(アロマセラピスト)によって、会場にはアロマキャンドルもほどこされ…ほっと癒される、なんともいい香りに包まれながらの演奏となりました。

そもそも今回はグランドピアノ一本で、という音のセッティングで、こっちも癒し系?ジャジDsc00200_5 にふんわり癒されるイメージで…ということで、天使の雰囲気?白いワンピースなどを着てみたんですよね。
私が着たら、子供のピアノの発表会みたいになったけど…(汗)

この日私は初めて演奏した「I Miss You」とか楽しかったですねー、グランドピアノで良かったなあー、というナンバーでした。
あと夏っぽい癒しのナンバーで「Heavenly Blue」もこの日初披露。
この曲もふんわりとした幸せが拡がっていくような癒し系の曲で…演奏していても癒される曲ですね。
ピアノで演奏しながら、これは今度はEPでふわふわーっと弾いてみたいなあ、なんてぼんやり思ってました。

477380312_5 しかし、楽器がグランドピアノになるだけで、バンドの雰囲気もガラっと変わりますね。もちろんサウンドもさることながら。
何かと勉強にもなったライブでした。

2007/6/29 Monica Wuライブ 横浜 7th Avenue

Monicaライブで、初めての横浜上陸ライブ。
ロック系のハコでいつもと違った雰囲気。メンバーも、今回はドラムの代わりに、パーカッションという編成でした。
BabyJiveのライブでのゲスト出演が縁で、今回Monicaライブにも出演することになったパーカッションにプロで活躍中の渡辺純也くんが参加。

この日はテレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」を演奏しました。
テレサ・テンもMonicaと同じく、台湾出身のアジアの歌姫。フルート&サックス担当の水谷さんは、テレサ・テンに歌詞を提供したこともあり、またバンマス平井さんもステージでの共演の経験があるなど、かかわりの深い方でした。
この曲、とても有名な曲ですが…演奏していてしみじみ思いました、やっぱりいい曲ですね。今回はちょっとポップでエモーショナル雰囲気にアレンジをガラリと変えての演奏でした。

この日は、いつもMonicaライブで使用しているシンセ・TRを…電車で運びました!
帰りは友達に運んでもらいましたが…何かと気合の入っていたライブでしたね。

【7月】2007/7/21 Monica Wuライブ 新宿 たかのや

この日はとにかく、私は活動量が多いライブでした。
ピアノよりもシンセを多用した曲が多く…選曲にしてみても、新曲も多くて、いつもよりもアクティヴなライブでしたね。
シンセのパッチの切替えや、ピアノとシンセの間での移動など、操作で神経を使うことが多くて、終ってみたらかなりぐったりしてました、情け無い(笑)

この7月で、Monicaライブに参加し始めてからちょうど1年。
毎月休まずに出演してきました。大御所の方たちと一緒に共演できて、メンバーもどんどんパワーアップしていって…そんな中で、一年続けられたというのは、ありがたいことですね。
そんな感慨深いライブでもありました。

【8月】2007/8/21 Baby Jiveライブ 渋谷 Plug

All8252 去年もライブをやって、好評だったPlugに再び。
このハコは雰囲気がすごくいいですね、お酒の似合うNight Music、がコンセプトのBabyJiveにピッタリ。
今回は夏らしくラテンフレイバーを中心に、ということで。ゲストにパーカッション担当の福井淳氏を迎えてのライブでした。

この日はElectroを担いで会場入り。前回と違って、会場はスタンディングでした。
また違った雰囲気で、クラブっぽい感じが良かったですね。
やっぱり好きかも、このハコ…。
女性陣が色っぽいねー、と言ってもらえて、してやったり、なんて思いましたね。
ハコの雰囲気に飲まれたり、なんてこともあるのかもなー。

【9月】2007/9/14 Monica Wu ホテル・JALシティ四谷東京

久々に、緊張したライブでした。久々に切羽つまりました。
Monicaのプチ・ディナーショウ?
ホテルのレストランで、お食事をしながら、Monicaの歌と生演奏が楽しめます、というメニュー。
私にとっても初めての経験でした。憧れのハコバン??みたいな…。

大御所のギターとフルートに私のピアノ、というアコースティック編成。
私は、白いアップライトピアノに、黒のドレスで、シレっとセミフォーマルチックに。
ハコバンみたいなお仕事で…プロっぽいなー、なんてはしゃぎつつも、1日3ステージで曲も20曲弱。
しかもベースもドラムもいないから、頼れない&甘えられない!
ちょっとした試練でしたねー。

しかも、オープニングはインストで「枯葉」。
無謀にもソロまわしがあったりして…実は私、これが一番大変でした~。
やっぱりプロの方は違いますねー、ご一緒してしまって申し訳ない。。

曲数多くてそれなりに演奏もいろいろあったりしましたが(笑)
ハプニングもあったりして…そのたびに機敏に対応していかなければならない、プロの仕事を垣間みられたような気がします。

そんなこんなで、ちょっと偉そうなんだけど…このライブ、階段を一段…の半分くらい…を上がったような気がしました。
まあ階段はまだまだまだまだ長―いのですが(笑)

個人的には、聖子ちゃんの「時間旅行」を演奏したことが、感慨深かったなー。
この曲、ダイスキで。Monicaの声質にもとてもピッタリのいい雰囲気で。
演奏できて嬉しかったです。

いつにない、しっとりとした雰囲気でーと思います。
ホテルの支配人にも喜んでもらえたし。
私の両親もはるばるやって来たし(笑)
ステージの後は、久々の興奮して眠れない夜でした。

【10月】 10月もライブが2つ、しかも2連荘!!

2007/10/20 Baby Jiveライブ 青山 LOOP


82c7 大好きな青山でライブ。クラブということで、今回は選曲衣装もアグレッシヴな感じで。
珍しくショートパンツなど選んでみました。

が、このハコ、思った以上にコンパクトなハコでした…ステージにやっと5人乗っかった、って感じで。
あんなに近い場所にメンバーがいるステージは初めてだったわ…。

今回はなんといっても「X.Y.Z」かな。4bba_4
私は初めて演奏したこの曲。デモを聴いて、カッコイイ!やりたい!と興奮したんだけ ど…。
いざとなったら、めちゃ難しかったの…基本・白玉なのに、ヴォイシングがー、テンションがー。苦手なものが一挙にやってきた、ってカンジ。
でもやっぱりJUNさんて曲作りの天才だな~、と思いましたわ。
案の定、カッコイイ、と大評判でしたもんね、この曲。

そして、クラブってことで、久々に演奏した「Feel My Groove」
これまた大好評でしたねー。私はここぞとばかりに立って演奏できる曲なんだけど。
ハコの雰囲気にピッタリだったような気がする。

071020_171601_2 色々あったけど…終わってみたら演奏がとにかく楽しいと思えたステージでした。

ステージが狭くてメンバーとの距離も近いせい?いつもより安心感を感じられた、ってのもあったのかもね。

年末に開催予定の、主催イベントへのステップワンになったような、そんなライブとなりました。

そして、私は翌日もライブでした…。↓


2007/10/21 Monica Wuライブ 渋谷 KABUTO

ちょっと久々の、Monicaフルバンドライブ。
5月の、平井さんバースデーライブ以来の渋谷・KABUTOでした。

ちょっとロック風のライブハウスで、Monicaの衣装も選曲も、いつもよりアクティヴな感じ。
今回はドラム+パーカッションという、リズム隊が強力なスタイル。

「帰去来」は、打ち込みオケなしの、完全生演奏で演奏したり。
個人的には感情移入バラード系が無いので、多少、気は楽ではありましたね、Monicaのライブではめずらしく。

11月のワンマンへ向けてのステップワンとなったライブでありました。

【11月】 Monica Wu ワンマンライブ!! 新宿 たかのや 
60854165774a711db091c0c990fa2e7d
1年計画ですすめられていたプロジェクト?Monicaワンマンライブ。
とうとうその日がやってきました。

確か、前年の11月に決まった、この日のワンマンライブ。
3時間の長丁場なんて、私にとっても初めての経験。曲数がこんなに多いのだって、初めて…。

全部で20曲ちょっと。
基本はもちろんポップスだけど、いろんなジャンルの曲があるわけで…。
Monicaのライブに参加するようになって1年半、彼女のオリジナル曲の大半はすでに演奏したことはあるけれど、今回はその集大成的ライブ。
リハのときからいつもとは違った緊張感でのぞんでいました。

48c649e9661d0313b160ff5a3aaba7dc  当日は、満員御礼!!
ステージから見渡す風景は、たくさんのお客さんでひしめくフロア。
ステージもまた、Monicaバンドの精鋭メンバー総動員で、ミュージシャン達でひしめいていました。

準備の段階からかなりあたふたしていた私でしたが…時間が押してて、ヘアメイクしてもらいながらお弁当パクついたり…芸能人みたい~☆なんてね。
色んな場面で、初めての緊張もありました。


私はグランドピアノとシンセ(自前のTR61)を行ったり来たり。
マニュピュレータがさん居るわけでもないので、シンセのパッチ切替ミスしないように!とそっちでもドキドキ。

今回は2曲だけ、ほぼピアノのみでの演奏の曲がありました。634165797_126
「漁火」と「ラムネ」。
今まで何度も弾いてきた曲だけど、さすがにいつもと違った緊張感でした。
自分以外に頼れる音がほとんど無いワケですから…。

「漁火」は、初めて聴いたMonicaの曲で、鳥海さんの歌詞がとにかくステキで。
聴いた瞬間から、その深い世界が頭の中に広がる、イメージが沸き立つ曲です。
何度も演奏しているうちに、曲にもなれてきちゃうもんですが、今回はあらためて、Monicaの歌を聴きながら、歌詞も確かめながら、世界に浸りつつ演奏してました。
結局リラックスしてたのかも…。
終ってみたら、MCにて大御所からお褒めの言葉をいただき。ちょっといい気になっておりました☆

3時間弱、あっという間でしたね。
可愛いダンスの曲とかもあって、一緒に踊りたかったんだけど…どうしても楽器からは離れられぬ、キーボーディストの運命。。

634165797_176_4 CDにも収録された「逃水」は、カッコイイ、ラテンテイストのアレンジになり、私もこれにはヤッター!って思いましたね。演奏が楽しかった曲のひとつ。
Monicaバンドのメンバーってホント、素晴らしいです☆

  何かとせっぱ詰まった場面もありましたが。
終ってみたらとても最高の気分になれました。

ステキなミュージシャン達と共演できて、皆さんにみに来てもらえて、いつものことながらに幸せです。

12月】 2007/12/2 Baby Jiveライブ 三軒茶屋Grapefruit Moon
“Jazzy Urban Night Vol.1”

97de_2 私にとっても、今年の一大イベントでした。

ステキなバンドさんたちと共にBaby Jive初の主催イベント。

トリのBaby Jiveは、ゲストに遼ちゃん(The Brand New Sisters)を迎えての、一時間たっぷりのプレミアムなステージ。




    ちょっとゴージャスなビジュアルにしようね、と打ち合わせたら、女性人3人は、艶っぽ071202_195601_3 く、ゴージャスな、3姉妹となりました(私が一番お姉ちゃんです…)。

MCでもガールズトークのコーナーがあったりしてね…私は生まれて初めて、MCでマイクを 通してしゃべりました。これがまた。緊張しましたわー。

ここのハコはとても居心地が良かったですね。カフェ風の、落ち 着けるローソファとか…。
ステージもやさしい照明で、癒し系。ミラーボール炸裂!ピンスポばりばり!みたいな派手なステージもいいけど。
自宅で演奏してるみたいなリラックス気分を味わえたかな。

4f45_2  選曲も、スペシャルにふさわしく、集大成的なナンバーで。
人気曲「September」はオリジナル版で演奏しました。
この曲、私も大好きで、演奏しつつボーカル・ナミちゃんの声にうっとり、癒されます。

あとは、アコピならでは、の曲も何曲か…個人的に大好きな「Indigo Rain」とか。中盤にベートーベンが出てきて、なつかしいなあと思いつつ…。

JUNさんの曲はオトナっぽい世界で、弾いてる自分もなんだかオトナになれた気になっちゃうから、ステキですね☆

終了後はそのまま、打ち上げになだれ込み…ライブの熱気をそのまんま持ち込んでの打ち上げは、とても盛り上がりましたねー、ステキな夜でした。

2007/12/22 Monica Wu ホテル・JALシティ四谷東京


Mok03  9月に続き、二度目の登場、ホテルJALシティ四谷東京でのMonicaディナーショウ。
12月ということで、ライブのメニューも、ディナーのメニューもクリスマスSpecial。

クリスマスソングも何曲か演奏して、みんなでコーラスも歌ったり。
クリスマスソングは、演奏してるだけで、クリスマス気分になれるんですよねー、季節感を感じられて楽しかった。
ホワイトクリスマスとか、We Wish Your Merry X'mas~♪とか。


ディナーショウは曲数が多いしいつも苦戦するけど…ベースやリズム隊が不在の状況って、やっぱり大変。
でもその分、終わってみて幸せな充実感を味わえますね。
少々風邪気味だったけど、背中を出したドレスでがんばりました!!(寒かった~。。)
素敵なクリスマスとなりました♪


以上。
2007年ライブレヴューでした。

2007年は、ライブに追われて一年が終わった感じ…かな?
反省もそりゃ山のようですが、終わってみれば楽しかった、どれもやって良かった!!と思います。
とても幸せなことですね。

Moni_12_22_2 次のライブは5月の予定。
所属バンド・Baby Jiveのライブです。

2~4月は、なんとライブ出演無し!めずらしいことですねー。
その間はセッションに行ったり、普段やってなかったこともあれこれ…修行もしなきゃね。

というわけで、今年はライブは少なめになりそうですが。
是非またライブに足を運んでくださいね。

See You Next!!!!!



« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »