2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月19日 (水)

ライブ終了!BabyJive Jazzy Urban Night Vol.1

642326586_71_8

私にとっての、今年の一大事。
BabyJiveライブ主催イベント・Jazzy Urban Night Vol.1が無事終了しました。
来てくださった皆さん、どうもありがとう!

三軒茶屋は、私にとって、とてもノスタルジックな土地で…。
以前、住んでいた三宿の部屋が、今回のハコから近かったりして、なんだか感慨深かったです。

Ed80 今回のライブは、初の主催イベント。
このハコ・グレープフルーツムーンでやりたい、と言い出したのは、そもそも私だったっけ?
カフェ風で、落ち着ける低めのシート。照明もほんのりあたたかく、ほんわかとぬくもりを感じさせる、ずーっといたくなるお部屋のような…。
素敵な雰囲気のハコでした。

この日集めた出演バンドさんもみんな、素敵なバンドさんたちで。1860
ほっこり癒されたり。アグレッシヴなプレイに興奮したり…。
お客さんは大入り満員、という、最高のシチュエーション。
お洒落なカフェ・バー風の部屋は、熱気に満ちていました。

071202_195601_2 今回のBabyJiveは、いつもよりもプレミアムなライブで、時間もたっぷり1時間。
ゲストに、フルート&コーラスでThe Brand New Sistersの遼ちゃんも参加。
女子率Upで心強い!

女性陣は今回、ドレッシィなビジュアルにしようね、と打ち合わせたものの、当日の女性3人のビジュアルは…まあー、いい感じにまとまったハデさで(笑)
特に、コーラスの遼ちゃんとボーカルナミちゃんはそっくりなスタイルだった!びっくり。
私のヘアスタイルも、ジャーマネでもあるバンマス奥様に、「予想通りのヘアスタイルだ!」とのお言葉をいただき。してやったり☆
ゴージャスな女子三人揃い踏みで、今までで一番気合はいったかもな~。

1842 今回の鍵盤セッティングは、アップライト&自前のElectro。 4f45

アップライトはマイクで拾わなかったので、やっぱり聴こえにくかった のかも…。

BabyJiveで一番の人気曲(かな?)「September」からは、遼ちゃんも参加。

女子が増えると、華やいでいいですね。
鍵盤席からそんなフロントを見ていると、なんだか落ち着きました。
ナミちゃんの声が特に素敵だなー、と思うのもこの曲ですね。

5df8_2  遼ちゃんは歌はモチロン、フルートもすごく良くて。素敵な音色で華を添えてくれました。
BabyJiveの曲が、さらに素敵に聴こえた日…。

そして。今回の私の初体験。
初めてライブで、マイクを通してしゃべりました。しかも、フロントにし  ゃしゃり出て…キャバ嬢3姉妹集結。元締めはワタシ(だって、一番お姉さんだもん…)。
あーでもびっくりした、ヒトの目があんなにあるなんてっ!!
後で撮ってもらった動画をみせてもらったら、私は動きがなんだか…モグラのようでヒヨコのようでした…。
                                                    7399_2
唯一、私が作詞した最後の曲「Flare」は、今回遼ちゃんの素敵なコーラスが加わることと なり…。
一番最初にそのJUNさんのデモを聴いたときは、なんてユニークなんだ??と、ちょっとウケたのですが、いざライブで演奏してみたら、カッコよくハマってましたね~、JUNさんスゴイ!!

937b 夢中のまんま終ってしまった一時間でした…。
終って、そのライブハウスでそのまま打ち上げになだれ込み。
ライブの興奮や熱気、包み込んだまんまで皆さんと歓談できたのが、とても心地よかったですね。
カフェ風のローソファで落ち着くインテリア。ライブの興奮や疲れもじんわり癒され、とてもよい空間でした。

そんな中、あちこち挨拶にまわり。
来ていただいたのにあまりゆっくりお話できなかった皆さん、ゴメンナサイ。
久々にお会いできた方もいて、その場でお友達になれた方もいて。
こういうイベントって、ある意味素敵な出会いの場ですね。
たくさんの方に来ていただいて、本当に感謝です。

C536 写真を撮っていただいた、香蓮さんもありがとうございます!531b_8
ステージの壁が白く、照明もやわらかく、女性がキレイに撮りやすい環境だったそうで…。

私の写真もなんだか、自分じゃないみたいな、絵になるような写真がたくさん出来ていて、ビックリ&感激です。

演奏直前に気合を入れてくれた、アロマセラピストでマネージャーでもあるバンマス奥様も、とても心強かったです。
皆さんありがとうございます。

次回は春頃…?
また趣向を変えて、かな。次回もお楽しみに!

★Set List★
1.BabyJive'sTheme
2.X.Y.Z
3.Crusin'
4.Whispers
5.September Revisited~September
6.BitterSweet Flower
7.Indigo Rain
8.Feel My Gloove
9.Carnaval
10.Flare

All Songs Written By Jun Kitagawa
Except10 Lyric By Maki Kawashima

See You Next!!

2007年12月14日 (金)

レコーディングしました!Monica ファーストアルバム「SHINKIROU」発売!

Mwm07001_2













サポートで参加している、MonicaのCDが発売しました。

私もレコーディングに参加しています。

●収録曲●
①逃水
②Chicago Night
③小夜曲
④帰去来
⑤時の箱舟
⑥若草
⑦逃水(Instrumental)
⑧Chicago Night(Instrumental)

私は①②④で演奏しています。

プロデュースは平井光一さん。
レベッカやプリンセスプリンセスなど、を手がけ、私が10代の頃に聴いていたあらゆる音に関わって来た方です。
特にレベッカは大好きで、良く聴いていただけに…確実に私の栄養となった音楽のひとつでした。とても感慨深いものがあります。
まさか、こんな形で関わることができるとは…。

ここまで本格的なレコーディングは、私も初体験でした。
曲によって録り方はまちまちでしたが。

一人スタジオに入り、ヘッドフォンとトークバックのマイクでプロデューサーと会話しながら進めて行くレコーディング…なんかプロみたい?って思ったり(笑)

②③は、みんなでスタジオに入って一斉にレコーディング。
ライブの臨場感さながら、という録り方で、ミュージシャンみんなの熱気までもが伝わるサウンドに仕上がっているのではないか、と思います。

そんな本格的な初レコーディング。
思ったよりも緊張は無かったかな、というのが感想ですね。
いつものミュージシャン達と一緒だったおかげでしょうか?
いつものライブ同様、楽しみながら演奏できたように思います。
とにかく楽しかった!!
音楽は聴くのもモチロン好きだけど、やっぱり演奏するのが好きですね。

レコーディングは、憧れの?Pro Tools。
プロデューサーがオペレーションするのを見つつ、いいなー、Macもいいなー、と見とれておりました。いつかは私も…。。。

そんな、私の初レコーディングCD。カッコイイサウンドに仕上がっていると思います。
試聴もできます
http://monica-wu.com/music/music.html

ご購入希望の方はMonicaのサイトまで。
または私にお声掛けください!

MonicaCD第二弾は、エモーショナルなバラードも収録予定。
待望の(?)私のリリカルなプレイもお届けできるかもしれません。

お楽しみに♪

ライブスケジュール★2007.12月 その2

今年最後のライブは、Monicaクリスマスディナーショウです。

♪Monica Wu ♪http://monica-wu.com/index.html
サポートでピアノを弾いています。

2007年12月22(土) ホテルJALシティ四谷  
『Monica クリスマスディナーショー』
開場18:00 開演1stステージ 19:00/2ndステージ20:15~各45分間(入替なし)
ホテルJALシティ四谷東京
最寄り駅: 丸の内線 四谷三丁目 (2番出口(消防署口)から徒歩2分)
http://www.yotsuya-tokyo.jalcity.co.jp/
料金: 8000円(クリスマス・スペシャルディナーセット付き)

9月に続いてJALシティ四谷東京でのディナーショウです。
今回はクリスマス・スペシャルということで、メニューもさらに豪華!
曲のメニューもモチロン、クリスマス色がありアリで、いつもと違ったMonicaライブが楽しめることでしょう♪

今回はしっとり、白いピアノで参加します。
毎回のことながら、趣向を凝らした大御所たちならではの演奏も必見です!

Vo:Monica Wu
AG&Cho:平井光一(バンマス・プロデュース)
Fl&SAX&Cho:水谷啓二
Pf&Cho:川島真紀

年に一度のクリスマススペシャルNight。
何が起きるか?お楽しみに~☆★

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »