2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007/8/25 BabyJiveライブ@渋谷Plug | トップページ | ライブスケジュール★2007.10月更新 »

2007年9月21日 (金)

時間旅行/松田聖子


幸せの余裕。

聖子の曲は、旅に思いを馳せるものが多く。

マイアミ、セイシェル、シェルブール…行った事も無いのに、聴いては頭の中でその世界を妄想を拡げたものです。

時間旅行は、そんな旅に出発する前の空港が舞台となった曲。
空港って色んなところへと飛び立てる場所であり、色んな思いやドラマが行きかう場所でもあるわけですね。

この曲を先日、サポートでピアノを演奏している、Monicaのディナーショウで演奏しました。

聴くたびにせつなくて、昔から大好きな曲だったので、まさか自分が演奏することになるとは…。

Monicaのプロデューサーであり、ライブのときには演奏もご一緒しているHさんは、聖子ちゃんとも仕事をしたことがある大御所。
このアルバムのアレンジにも関わっている武部さんの先輩にもあたり、業界で長く活躍してらっしゃる方です。
普段会話をしていて、「ミクちゃんが~」なんて言われたとき、それがベースの美久月千春さん(このアルバムでも演奏しているスタジオミュージシャンの方)のことだと気づいたときには…ペーペーの私、ビビリました…。
個人的にも大好きな「時間旅行」、そんな大御所の方たちと演奏してしまいました。

この曲は作曲がSEIKO、作詞は松本隆。このアルバムのプロデュースも彼ですね。
2年ぶりに偶然、空港で会った彼には寄り添う新しい恋人がいて…自分はパリへ一人旅。

「走り寄りたい気持ちだけ 必死に抑えてたの」ああ、切ない~。このAメロの、たたみ掛けるようなフレーズがまたね、気持ちの揺れを静かにあらわしているようで…。
あえて抑えて歌うボーカルも切ないですね。

彼に会った途端に、想いがよみがえるけど。
「もしあの日に別れなければ 同じ翼で旅してた 時計の針は戻せないのね 二度とあなたの腕には帰れない」。
それが現実なのですね。想い出の中ではいくらでも帰れるけれど。
帰れない、とは思っていても帰りたいと思う場所が、今まさに、すぐそばにあったら…切ない。

確かに、別れなければ今が違ったのかも。
隣に寄り添うのは自分だったかも…なんて、切ないプレイバック。
そんなの挙げればキリないけどね…、人生って。

一人で外国へと飛び立つ「私」。「永遠の少女」でありながら、そこには一瞬、自立したオトナの女性像が感じられますね。

この頃の聖子ちゃんは、ちょうど結婚して、ママになる頃だったのかな。
そのせいか、このアルバムの歌はなんとなく、癒し効果があるような…そんな印象があります。幸せの余裕、なのかな…。

たしかこのアルバムの中で一番有名なのは「瑠璃色の地球」でしょうか。
でもあえて私が好きだった「時間旅行」をお客さんの前で演奏する機会に出くわすとは…ある意味運命的。幸せでもあります。

今回の演奏はベースがいない、少人数アコースティック編成だったので、時に私のアコピの左手がベース代わりだったのですが、イントロのベースのフレーズが、一瞬、クラプトンの「レイラ」みたいな箇所があってひとり盛り上がってました(笑)

大好きな曲も、自分で演奏してみるとまた違った思いが生まれたりして。面白いですね。
実は、ライブでカバー曲を演奏する機会は非常に少ないのですが。
聖子ちゃんの曲は、ゼヒ、また何か演奏してみたいな…。

« 2007/8/25 BabyJiveライブ@渋谷Plug | トップページ | ライブスケジュール★2007.10月更新 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113026/16519770

この記事へのトラックバック一覧です: 時間旅行/松田聖子:

« 2007/8/25 BabyJiveライブ@渋谷Plug | トップページ | ライブスケジュール★2007.10月更新 »