2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ライブ終了・ありがとうございました♪2006.12.2 Baby Jive 渋谷Plug | トップページ | The Review★2006 »

2006年12月19日 (火)

眠りへと誘う、Night Music

我がバンド・Baby Jiveのサウンドは「オトナのNight Music」。
お酒が似合う、オトナの夜の雰囲気ですが。

今回登場するのは、「眠りを誘うNight Music」。
私はとても寝つきはいいほうなんですけど。眠れない夜のためにもオススメな、眠りにつく前に、聴きたい曲。

「Late Night Guitar」 Earl Klugh
眠りにつく前って、どことなくファンタジーな気持ちが欲しくなったりしません?
それこそ、いい夢がみられそうな…。
そんな場面にピッタリなのサウンドが詰まったこのアルバム。
私はもともと、ギターの音が得意ではなかったのですが。

Earl Klughのギターって不思議。
当時の私には身構えなくて聴ける、スムージーなジャズの音。という印象がまず先にあり、抵抗なくお気に入りのアルバムとなった一枚です。

とにかく、リラックスできますよね。かといってイージーリスニングほど、聴きながせるようなライト感覚ではなく、しっとりと深みを感じさせてくれる、満足感も得られる音楽。

1曲目の「煙が目にしみる」からもうムードは最高で。
リラックス&ファンタジーな世界へと誘ってくれます。

もちろん、ギターの音なんだけど、鍵盤弾きの私も、ああ、こういう演奏したいな、こんな音を鳴らしたいな、と1フレーズごとに思わせるような、魅力的なサウンドばかり。

ジャケットがこれまたいいですよね、ファンタジー要素満点。
夜空をさまよう魔法使い?じゃなくてギター使い??
ギターに乗って、ふんわりと夜空を舞っているような、そんな幻想的な世界が味わえます。
本当、いい夢みられそう。

「Kind of Blue」 Miles Davis
これはもう、私が語るには申し訳ないほどの、ジャズの名盤ですね。
なんてったって、このタイトルにまず魅力を感じましたよ。このセンスあるネーミング…。
とってもステキじゃないですか?「Kind Of Blue」。

これはものすごい反響を呼んだ作品らしく、私もリアルタイムでその場で聴いてみたかったなあー、と思うのですが(発売は私が生まれる十数年前)。
私はこれを聴いたとき、単純に、あーなんだかマイルスデイビスがいい子になってるなー、って思ってしまった。。

すごくキレイで上質なジャズのサウンドなんですよね。艶っぽくもあり、ノスタルジックもあり。そういう方面の感情に、総合的に訴えてるような。

私が語るまでもなく、20世紀の名盤との呼び声も高い名作ですが、たとえその本質まで理解できないにしても、聴いた瞬間に身体(心ももちろん)が反応するような、とにかくキレイに澄んだ音には誰でも魅力を感じるはず。
キレイな景色をみて、瞬間、心が洗われたような気持ちになる…あの感覚に近いかも。

ビル・エバンスのピアノがまた美しくて…このサウンドの世界の構築に大いに貢献しつつ、彼の魅力も大いに引き出されつつ。
エバンスもコルトレーンもここから飛躍を生み出したらしく…、あのジェームスブラウンでさえも、ここからインスパイアされたらしく…。

そういう意味合いでもとても大きな存在感を持つこの作品ですが。

音が欲しいけど眠りは邪魔しないで欲しい…無心になりたい…なんて夜中に、リラックスして聴きたい一枚ですね。
眠りを誘う、洗練されたオトナのJAZZです。

Salling at Night (From「 Stic&Stones」) Dave Grusin
上記2作品はアルバム一枚として紹介してきましたが、最後はアルバムの中の一曲の紹介。
このアルバムは全編、ポップでわりとキャッチーな作風で、ファンタジーな色合いも濃い感じですね。
Dave GrusinとDon Grusin、兄弟での共作。

3曲目の「Salling at Night」はそのタイトルのごとく。
ゆったりと漕ぎ出した舟が、夜の海へとゆらーり、と浮遊してゆく情景が浮かびます。
きっとキレイな月夜の海。

パンフルートのメロがとても美しく…。
コレ、ローランドのシンセ、D-50にカード差し込んで同じ音を鳴らしてコピーしましたね、懐かしい。


そんなメロがノスタルジックで、きらびやかで。リラックスを得ながらほんのり眠気も誘うような…。
夜のファンタジー、というとまず思い出すのがこの曲。

以上。眠れないオトナの夜にオススメの音楽の紹介でした。 
大好きな人に、子守唄代わりに聴かせてあげたいNight Music。。

Good Night…☆★

« ライブ終了・ありがとうございました♪2006.12.2 Baby Jive 渋谷Plug | トップページ | The Review★2006 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113026/13124171

この記事へのトラックバック一覧です: 眠りへと誘う、Night Music:

« ライブ終了・ありがとうございました♪2006.12.2 Baby Jive 渋谷Plug | トップページ | The Review★2006 »