2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ライブスケジュール【11月更新】 | トップページ | ライブスケジュール 【12月更新】 »

2006年11月20日 (月)

12Years Later

先週のSunny Side-Isleのライブを皮切りに、ステージ続きです。
色んなバンドに混ざり、年末までライブやイベンドでの演奏やらで、毎週のように何かしらステージがあるのです。

ライブをやりたい!!と思ってここ数年、悶々と過ごしていた私にしてみりゃとても嬉しい、思わぬところでの売れっ子ぶりなのですが。(ありがたいです!)

この夏以降からそんな多忙な日々がスタートし、そんな中で、不思議に、何かと記憶の中で回帰する場面の多かったのが12年前の自分でした…。
リハのため秋葉原のスタジオに通う機会があり。
なぜか秋葉原のスタジオでのリハが多いのですね、秋葉原なんて、久しぶり。

12年前は毎週のように秋葉原に通ってたなあ…と懐かしくもあり、あまりの変貌ぶりに驚きもあり…。
その頃はとにかく、Macが欲しかったんだっけ。LC575が欲しかったの…。でも買ったのはLC630だったな。
楽器やにも良く通った。

そういえば、ちょっと前に「渋谷系が流行った頃って、マキちゃん何聴いてた?」に友人に聴かれたけど。
当時の渋谷系の音には目も向けず、だったよなー、今考えたら。

その頃って。
アシッドジャズやら、モータウン系ばかり聴いてたな…。

東京に住み始めたのもその頃で。
シンセを手にしたのもその頃で。
バンドを始めたのもその頃で。
PCに触ったのもその頃で。
リチャード・ティーが死んだのもその頃で。
デヴィッド・フォスターの音楽に出会ったのもこの頃。
あんなに心酔できる音楽、って今までなかった、とバカみたいに感動してたな…。
大きく自分を変えることがあったのもその頃だった。

その頃のことって、何かと鮮明な記憶がたくさんある。やたらと感受性の強い時期だったのだと思う。

セナがクラッシュしたときのこととか。
この前のライブの打ち上げでその話題になり、みんなが興奮気味に当時のその瞬間のTV中継のことを話している中、懐かしいなあ、私もみてたなあ、思いながら。
そういえばそのとき、もう動かなくなったセナの元へと駆け寄っていく恋人の姿がすごく印象的で、重く胸が痛んだのを思い出した。

あの頃の自分にはそんなもんだったけど、きっと今の自分がそんなの見たら、胸が痛いどころじゃ済まない騒ぎ…かもしれないな。

12年経った自分はきっと、良くも悪くも情熱的になってしまったような気がする。
それでもってあの映像、私がみたのは、あとにも先にもたった一度だけだった…。

あとはサリンの事件や大震災もこの頃で。
あんな風にいつ何が起きるかわからない、いつ消えてなくなるのかもわからない…。
と自分の存在について考えたときに、できるだけのこと、可能なことはためらわずにやっておかないと、と決意をさせたのもこの頃だった。

今となっては。

あの頃、永遠だと信じ込んでいたものがもう今は無かったり。
失くしたり、崩壊したり、そんな事態の連続の挙句、醒めた目線でモノゴトを見られるようになった大人になった(ハズ…)割には、情熱的な部分はどんどん勢いを増していっている自分がいるのです。
12年経ってそれを強く思います。

今、こうしてる自分の基盤が作られたのってたぶん、12年前のあらゆること。

今ここからまた新しい時間がまわっていくのかな、なんて予感をさせる、岐路にいるような気がするな、と、今の自分を思うのです。

などと。
Sunny Side-Isleのライブを終えた、先週の土曜の夜中に思い耽りました。

Sunny Side-Isleのメンバーがこれまた皆、同年代の子ばかりでね…。
音楽の話をしていてもリアルタイムで同級生だったりしたから、やたらと楽しくて白熱した。(それで本性がバレたり・笑)

中でも、私以上にデビッドフォスター・フリークだった人がいて。
ドラム担当の彼はなんと、デヴィッド・フォスターと握手したことがあったそうで、もう私はそれで興奮!!
それも12年前当時のこと。

しかも、デビッド・フォスターに質問することができたそうで。
彼はなんと、
「どうやったらプロになれますか?」と聞いたそうだ…。
その場に居た人は確かに苦笑・顰蹙モノかもしれないけど…。

でも私はその話をあとでひとり、思い返して涙が出た。

プロになりたい、という情熱を抱えてたその頃って…。
多分私も闇雲に同じ気持ちで燃えてる頃だったよなあ(気持ちだけは?)、と。

それから12年経って、今の自分、てどうなの?
あの頃とは立ち位置も視点も違うかもしれないけど、でも消せない情熱があるからこそ、こうやって私たちって出会っちゃうのよね、一緒に演奏しちゃうのよね、みたいな。

好きなものは好きで仕方ないな…。似たもの同士、というのは心強い。

12年。
あれから衰えたもの、というのは多分、若さゆえの向こう見ずさ、かな。
あれはもう2度と手に入れることのできない、貴重な勇気だったと思う。

色んなものを栄養にしながら、良くも悪くも、大人になりましたね。
12年というのは、そんな時間です。

« ライブスケジュール【11月更新】 | トップページ | ライブスケジュール 【12月更新】 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

僕も最近12年前のこと、よく考えてた・・・。(@.@)
内容は違うけど、びっくりした・・・。
Brother Sisterはよく聴いたな~。
これからも情熱的な活躍、期待してます♪
Dream on dreamer~♪

JUNさん:
そうなんです、JUNさんもちょうど12年前が…ってことで、なんかすごい偶然だなあとしみじみしましたよ。
アシッドジャズ、めっちゃ聴いてましたねー、その頃…。
これからもなお、感性をみがいて、活躍の場を拡げたいものです。よろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113026/12755145

この記事へのトラックバック一覧です: 12Years Later:

« ライブスケジュール【11月更新】 | トップページ | ライブスケジュール 【12月更新】 »