2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Let’s Driving | トップページ | Between The Sheets/FourPlay »

2006年6月26日 (月)

平松愛理・清水信之/チュピタンサスの木

 理想の夫婦。

平松愛理は、その昔、自分でデモ曲を作るために、当時の最高機種・プロユース仕様のシーケンサ、YAMAHA・QX3を使用していたらしい。
あのワープロみたいな、ボタンだらけのマシンですね。

彼女の曲のアレンジを担当していた清水信之氏(その後二人は結婚)が、「どうして平松さんみたいなあんないい歌詞を書く人が、QX3なんか使うんだろう?」とギモンに思った、というエピソードが私にはあまりに印象深くて。

私も。平松愛理、というと真っ先に歌詞だな…。
でもきっと、男の人はこういうの、嫌いなんだろな。思い出を美化する、しばられる、みたいなの。

私が自分で歌詞を書くようになって、一番気をつけていたことは、
「歌詞は日記になってはいけない」。
自分の心情をつらつらと書き綴る詞がのった曲、というのはどうも音楽に聴こえてこなくて。

個人的にそのテの詞は私の中では、音楽、という意識を強く持つことを前提にすると、存在価値が低めのポジションになりつつあるのだ。
ただ、そういう詞はすごく共感を得やすいもので…、ひきつけられてやまない。
そんな詞が多いのも平松愛理の特徴のように思う。

この「チュピタンサスの木」もアルバムに収録された一曲に過ぎない…はずが、多くの女性ファンの絶大な支持を得ている曲。
ミディアムなバラードだけど、ノブさん特有のキラキラしたポップなテクスチャーもありつつ。メロウで、どこかノスタルジック、その辺りが女の子らしくて、平松愛理のイメージに合っていて。いいコンビだなあと実感できます。

詞の世界は。
1シーズンの間付き合っていたものの彼女と元サヤになり、去って行ったはずの彼が、自分への未練のそぶりを見せる。
そんな彼への思いを綴った、という、男女の恋愛のもつれにアリがちな?場面を切り取った内容。

その思いの丈が深くて、恋心はリアルで。聴いた瞬間に感情移入しちゃいました。
こういうのってホント、映画をみているみたいな感覚でせつなくなる。

『あえば死がふたりを別つときまで 二度と別れ 耐えられないから』

こういうのはある意味、狂気だ、と冷静に思えるときは思えるかもしれない。
でもそれだけ必死で思うことが、人間、あるときはあるワケで…。

このワンフレーズは究極だな、と思う。こういう麻薬みたいな恋愛って…。
別れなければいけない、と冷静なアタマで判断し、物理的に離れることは出来ても、気持ちはなかなかそれに、比例…どころか反比例していってしまったり…。
そういう渦中にいる人間が見る風景のありとあらゆるものが、リアルに描かれています。

この曲に限らず、彼女の作品は本当にリアルですね。
OLの教祖、なんて言われて同世代の女性の支持を多く集めたのもなんだか納得。

平松愛理といえば、「部屋とYシャツと私」でしょうか。
この曲は結婚式の定番ソングになったり、幸せの象徴みたいな曲ですが。
作った本人、当時は幸せとは縁遠い場所にいたらしく…半ばうらみ節??みたいな状況でつくられたという話を聞いたことがあります。

その後、彼女の曲を手がけるアレンジャーの清水信之氏と結婚、幸せに恵まれたわけですが。

清水信之のアレンジは私、中学生くらいのときから注目していて。ポップでファンキーで細やかにつくられた感じのサウンドが、とにかく好きでした。
渡辺美里とか、大江千里とか…当時のニューミュージック、エピック・ソニー系の音をたくさんこなしていたイメージが強いです。
かなりハマっていたときは、イントロを聴いただけで、あれ、これノブさんだ?と。

時々メロウなセンスもこぼれたりして、それがまた私はツボだったのですが…その辺が平松愛理のアレンジではよくみられるかと思います。

自分の作った曲を尊敬する・愛する人にアレンジしてもらうなんて…最高にステキですよね。
理想の夫婦像だなー…。

« Let’s Driving | トップページ | Between The Sheets/FourPlay »

「恋愛」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

このブログのテーマである曲は知らないのですが、「部屋とYシャツと私」は当然!?
知ってます。
あー、女心とはこんなもんなのかな~?
と思いつつ聞いてました。

この女版「関白宣言」と言われた曲(共に言葉の節々から愛が溢れている名曲だと思いますが)、その男版であるそれ、こんなんが出てるらしいです。
http://music.j-total.net/data/011sa/005_sada_masashi/019.html
一見オリジナルの「宣言」をもじった、替歌かと思いきや、うぉ~いまさし歌ってるがな・・・
しかも、どちらかと言うとこっちのが現実より・・・
そのうち「風呂とキッチンはたわし」・・・

置いといて、渡辺美里、大江千里ちょー懐かしい!!
今度CD借りてこよう!!

いしおさん:
…毎回名前が違いますわ、とうとう正体が…?

そういや「部屋とYシャツ~」、やたらと、女版関白宣言、とか言われてたような…。しかしさだまさし、そんなの歌っていたなんて…歌詞見ましたよ、びっくり。
「風呂とキッチンはたわし」??(ばかウケ)じゃあいしおさん作ってアコギで歌ってくださいよ、つくづくこういうとこが天才ですよね、もー。

そうそう、青春時代はエピック系全盛でした~。いしおさんとは同じ歳だからか、話がいつもピッタンコですね。フィールドは多少違いますけど(笑)

てことで、結婚に憧れを持つとしたら、あんな風に、自分が目指している分野で尊敬できて自分を理解してくれる人がいいなあ、と思うわけですよ。(とキレイにまとめてみる)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113026/10689549

この記事へのトラックバック一覧です: 平松愛理・清水信之/チュピタンサスの木:

« Let’s Driving | トップページ | Between The Sheets/FourPlay »