2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月26日 (月)

平松愛理・清水信之/チュピタンサスの木

 理想の夫婦。

平松愛理は、その昔、自分でデモ曲を作るために、当時の最高機種・プロユース仕様のシーケンサ、YAMAHA・QX3を使用していたらしい。
あのワープロみたいな、ボタンだらけのマシンですね。

彼女の曲のアレンジを担当していた清水信之氏(その後二人は結婚)が、「どうして平松さんみたいなあんないい歌詞を書く人が、QX3なんか使うんだろう?」とギモンに思った、というエピソードが私にはあまりに印象深くて。

私も。平松愛理、というと真っ先に歌詞だな…。
でもきっと、男の人はこういうの、嫌いなんだろな。思い出を美化する、しばられる、みたいなの。

私が自分で歌詞を書くようになって、一番気をつけていたことは、
「歌詞は日記になってはいけない」。
自分の心情をつらつらと書き綴る詞がのった曲、というのはどうも音楽に聴こえてこなくて。

個人的にそのテの詞は私の中では、音楽、という意識を強く持つことを前提にすると、存在価値が低めのポジションになりつつあるのだ。
ただ、そういう詞はすごく共感を得やすいもので…、ひきつけられてやまない。
そんな詞が多いのも平松愛理の特徴のように思う。

この「チュピタンサスの木」もアルバムに収録された一曲に過ぎない…はずが、多くの女性ファンの絶大な支持を得ている曲。
ミディアムなバラードだけど、ノブさん特有のキラキラしたポップなテクスチャーもありつつ。メロウで、どこかノスタルジック、その辺りが女の子らしくて、平松愛理のイメージに合っていて。いいコンビだなあと実感できます。

詞の世界は。
1シーズンの間付き合っていたものの彼女と元サヤになり、去って行ったはずの彼が、自分への未練のそぶりを見せる。
そんな彼への思いを綴った、という、男女の恋愛のもつれにアリがちな?場面を切り取った内容。

その思いの丈が深くて、恋心はリアルで。聴いた瞬間に感情移入しちゃいました。
こういうのってホント、映画をみているみたいな感覚でせつなくなる。

『あえば死がふたりを別つときまで 二度と別れ 耐えられないから』

こういうのはある意味、狂気だ、と冷静に思えるときは思えるかもしれない。
でもそれだけ必死で思うことが、人間、あるときはあるワケで…。

このワンフレーズは究極だな、と思う。こういう麻薬みたいな恋愛って…。
別れなければいけない、と冷静なアタマで判断し、物理的に離れることは出来ても、気持ちはなかなかそれに、比例…どころか反比例していってしまったり…。
そういう渦中にいる人間が見る風景のありとあらゆるものが、リアルに描かれています。

この曲に限らず、彼女の作品は本当にリアルですね。
OLの教祖、なんて言われて同世代の女性の支持を多く集めたのもなんだか納得。

平松愛理といえば、「部屋とYシャツと私」でしょうか。
この曲は結婚式の定番ソングになったり、幸せの象徴みたいな曲ですが。
作った本人、当時は幸せとは縁遠い場所にいたらしく…半ばうらみ節??みたいな状況でつくられたという話を聞いたことがあります。

その後、彼女の曲を手がけるアレンジャーの清水信之氏と結婚、幸せに恵まれたわけですが。

清水信之のアレンジは私、中学生くらいのときから注目していて。ポップでファンキーで細やかにつくられた感じのサウンドが、とにかく好きでした。
渡辺美里とか、大江千里とか…当時のニューミュージック、エピック・ソニー系の音をたくさんこなしていたイメージが強いです。
かなりハマっていたときは、イントロを聴いただけで、あれ、これノブさんだ?と。

時々メロウなセンスもこぼれたりして、それがまた私はツボだったのですが…その辺が平松愛理のアレンジではよくみられるかと思います。

自分の作った曲を尊敬する・愛する人にアレンジしてもらうなんて…最高にステキですよね。
理想の夫婦像だなー…。

2006年6月 1日 (木)

Let’s Driving

人の運転する車に乗せてもらうのは大好き。 

車を走らせながら、どんどん変わる風景を見ながら聴く音楽って、いつもとまた違う音に聴こえてきたりして面白いし、車で聴く音楽ってとても快適。 

それでもって運転しているのが自分の好きな人だったらまた良いですよねー、これが。

二人だけの動く空間…。景色も変わってロマンチック。
彼に運ばれてる…さらわれてる??みたいな(笑)

まあでもある意味、身をゆだねてるわけですね。私を大事に運んでね、ってことで。

それでもって。

運転している本人は、運転のために前しか見られないわけですよ。
それをいいことに、助手席から思う存分、彼の顔をじろじろ見ることができちゃうのがまた私は好きなんです…。
だって普段は面と向かって顔を真正面からみたりしたら恥ずかしいじゃん??
なので、ここぞとばかりに、横からしっかりと観察してしまうのです、ふふ。

ということで。これからの季節、ドライブにオススメなBGM、厳選3作。

Long Vacation/大滝詠一
これは夏のドライブ定番ですよね。超名盤。
私もこの時期になると、誰の車に乗っても聴きたくなる(笑)
日本のポップス・80年代が、ハンパじゃなく凝縮されている一枚。
文字通りポップで、はじける、というのはまさにこういうことなの、みたいな感じ(笑)
「天然色」の名のとおり、カラフルな音にあふれた曲たち。バラエティー豊富で飽きさせない仕掛けの数々。
人によっては懐かしく感じるのかな。
個人的にはコレ、歌詞は日本語だけど洋楽の意識でずっと聴いてました。私の中では不思議な境界線上にある作品です。
それにしても。大滝詠一と松本隆のコンビって…やっぱり恋人同士のような組み合わせ…最強。
個人的には「やわらかな背中の 冷たい拒絶」ってフレーズが、たまらなくツボですね、ああ。

MTV UNPLUGGED/ Baby Face
走る車、カーステレオでライブの臨場感を味わうのもまたドライブならでは、ですね。
大ヒットメーカー、Baby Faceの、これはライブ盤なんだけど。
これ、参加者がすごいの。彼が曲を提供したBOYZⅡMEN、クラプトンに、なんとスティービーワンダーまで!!
私がこれだ!と思うのは、6/7曲め。
もともとBaby Faceの6/8の曲がすごく私のツボだったんだけど、両方とも6/8の曲がメドレー的につながっていて、Make Love To Youから  End Of Tne Roadへと続くナンバー。BOYZⅡMENのこの曲、大好きなんだけど、End Of Tne Roadと橋渡ししながらの盛り上げ方がすごい。
特にあの終盤のドラムソロ。圧巻です。ダイナミックでカッコよくて。ライブっていいなー。

この作品に限っては、自分が運転席でアクセル踏みながら聴いてみたいと思う一枚ですね。

Monster On A Leash/Tower Of Power
もちろんファンキーで盛り上がるんですけど、Tower Of Power。
Mr. Toad's Wild Rideなんて、聴くと士気が上がってよろしい。
しかし。程よくメロウなナンバーがあって。夕暮れ時に超!オススメなのが
How Could This Happen To Me はすっごく西海岸ぽい感じ、雰囲気アリアリ。やっぱり6/8が好き。(笑)
⑤ You Can't Fall Up (you Just Fall Down) なんて、TOPなのに(?)切なさ増量、夕暮れ時の海岸線を走りながら聴きたい、と強く願う曲。まさに夏の夕暮れですねー。ロマンチック。

ということで。デートドライブにおすすめレシピでした。
今回ばかりは、甘アマsweetな曲ばかりを選ばなかった自分、エライ!ってな気分で、自分をほめたいとこです…。

動くロマンチックな空間で是非聴いてみてください!

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »