2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Let’s Wedding | トップページ | Let’s Driving »

2006年5月29日 (月)

ルビーの指環/寺尾聰

愛の幻。

最近ビールのCMでこの曲が使われていて。
なつかしい~と思って画面を見ると、寺尾聰の本人出演。ああ、なんだか昔とあまり変わらないような…。

この曲が流行った当時、私は小学生になったばかりだったかのコドモだったけど。
あのメロがなんとも。他には無い斬新さで、コドモながらにいい曲だなあ、と印象深い曲でした。
今思うと、日本の曲っぽくない、という意味で強いインパクトを与えられたのかもしれない。

そうです、すごく洋楽っぽい。
というかAOR。あのハネのフィーリングからして、日本離れしてるでしょ。
でも歌詞は全編日本語…という、不思議な魅力を持つ曲です。
きっと当時の日本は、フォークとか、歌謡曲にしてもゆるいリズムが全盛だったはず。
単調ではないイントロのコードの流れも斬新だし。
あの時代にこの曲…さぞかしカッコよかったことでしょう。

しかも作曲が…寺尾聡本人なのですね!びっくり。


歌詞もすごくいいなあと思い続けていたところ、ついこの前知ったのですが、なんと松本隆の作品だった…!

道理で。ああ、これって愛の力??と、ひとり幸せになってしまいました…(笑)。
男女の別れのワンシーンの描写が…映像的にリアルで、心理状況もうまくはめ込まれていて。さすがですね。
聖子の作品のときは、女の子の気持ちもどうしてこんなにわかるの?と不思議なんだけど、男の気持ちを描かせてもまた秀逸。惚れ直しました。

あれは8月まばゆい陽の中で 誓った愛の幻

確かにそう…。愛は幻、だと思う。
それは過ぎ去った愛について限定してのこと、だけど。
進行形の愛は、短い永遠のあつまり?みたいな感じ…、現実に続いていくものだろうけど、(と信じたいものだ)過ぎた愛なんていうものは、完全なる幻なのです。


私も恋人だった彼も現実にこの世界で日々生きているけれど、でももう愛し合っていた二人はこの世にいなくて、どこを探しても嘘みたいにもういなくて。
何かの夢だったのかなあ、幻だったのかなあって思う。
あんなに好きだったことも、この幸せが永遠につづくと信じて疑わなかった時間も、映画みたいなキスしたこととかも…全部。無機的になってしまって。

ほとぼりが醒めて現実に戻れば、それはまるで額縁に入れられた絵を眺めているような気分で、過去の自分の騒ぎをみつめるようになるわけですよ、不思議なくらい。
今生きている自分はもしかして別の人間?なんて。
あの二人は、情熱はどこへ行ってしまったのだろう。時間の彼方へと消えてしまった?

過ぎてしまえば、愛とは、完全なる幻、なんですね。

オトナになってからこういう辺りに意味を感じるとは思ってなかったですわ、当時コドモだった私は。このフレーズは重いな…。

サビに繰り返し歌われる、「貴女を失ってから」のフレーズもまた切ない。
ベージュのコートを着た女性の指にルビーのリングをみつけたら。彼はどんな行動をとるのでしょうか…。
幻の
中で生き続ける恋人は、いつまでもキレイなままで。それがきっと、苦い恋の後味、なのでしょう…。

« Let’s Wedding | トップページ | Let’s Driving »

「恋愛」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

もともと幻の様な人生の僕は、過去の幻達はあって初めて今やっとうっすら見える幻なのです。
今、愛し合っていた二人はいなくても、その時愛し合っていた二人はいたのです。
過去に愛し合っていた二人は存在するのです。
そして、いつか愛し合う二人もいるのです。
花は散るからこそ美しい・・・
枯葉一つの重さもない命を燃焼しませう。
花瓶に水をあげましょう、心のずっと奥のほう・・・

う~ん、なんか説教くさいな・・・
すんまそん。
布団がふっとんだ!!
どかんがどっか~ん!!!

せっかくキレイにまとまりそうだったのに、最後で自爆しなくても(笑)
しかも幻のような僕の人生、って(笑)

気を取り直して。
花は散ってまた咲くときにはさらに美しくなっているのでしょうか…。
いつかは幻ではない愛を手に入れたいものです。
恋はたくさんでも、愛はひとつなのです…。
今度は幻になりませんように…。

わっはー。2~3年前、好きなミュージシャンがルビー歌っていて、しっぶいなあって思っていたのろね。そんときにわたしも、松本隆だったことを知った。

ねー。ビックリ&すぐにナットク、よね、松本隆、素敵~!!
彼の歴代の彼女の一人にでもなってみたいわ(笑)
どんな恋愛したらあんな歌詞が書けるんだろう…といつもため息。
錦ちゃん(てなんか変??・笑)もそのうちギター弾きながらコレ歌おうよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113026/10297794

この記事へのトラックバック一覧です: ルビーの指環/寺尾聰:

« Let’s Wedding | トップページ | Let’s Driving »