2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« The Rose | トップページ | Let’s Wedding »

2006年4月24日 (月)

Tapestry(つづれおり)/キャロル・キング

聴く人を選ばない名盤

数年前に、キャロルキングの「So Far Away」がBGMに使われているお茶のCMがあって。
桜並木ちかくの川べりに、女性(確か中谷美紀)が寝そべり。
物思いにふけり、舞い散る桜吹雪をぼんやりと眺めながら
「また咲けばいい 桜がそう言っている」とナレーションが入る作品…。

「So Far Away」がとてもふさわしく、効果的に使われている映像だなあ、と無性に感動したのを覚えている。
こういうビジュアルは大いにアリだな、と共感とともにちょっとやられた、という気分になった。

女性シンガーソングライターの先駆け。
語るまでも無くあまりに有名な「Tapestry(つづれおり)」…。
私が存在を知ったのは、「キャロルキング」がそういった「記号化」されてからのことだったけど。
こういうのを聴くと、ああ私、もっと早く生まれてきたかった~、と悔しくて。
その時代の空気を吸いながら聴きたかったなあ、とこれは特に、聴くたびに思ってしまう。

そしてこの「Tapestry」は、名盤中の名盤。

数々のアーティストがこのアルバムの曲をカバーした ジェイムステイラー、アレサフランクリン、ロッドスチュワート、ダニーハザウェイ… 名曲の宝庫なのです。

私は毎度のことで単純ですが、やっぱりピアノがメインの音づくりには何より飛びつきました。ピアノ万歳!って思える曲が多い。
ピアノが2台使われてる曲もあって、昔、コピーしようと思っても同じような厚みが出せなくて困ったこともあった…当たり前なんだけどね(笑)

そしてメロディラインとコード展開。
キャロルキングはやっぱりこれが一番ポイントではないかと思っているのですが。アルバムの曲、どれも粒ぞろいで、 似通ったようなメロディはほとんどみあたらない。
にもかかわらず、どの曲もはっきり個性が前面に出ていて。
そりゃみんな歌いたくなるよ、カバーしたくなるよ…そんな曲ばかり。
その辺りがまた、名盤と語り継がれる所以かなあ、としみじみ…。

アレンジも秀逸。この時代にしては斬新だったらしい、凝ったコード使い。
しっかりと音楽を勉強した人が作ると、こうなるんだろうなあ…。

    I feel earth move

   は、とにかくカッコよくて。
ロックンロールなピアノがかっこいい!
ロックンロールでソウルフルな曲になりそうなところが、、ボーカルによって少しクールダウンされてる感じで絶妙。演奏したら楽しそう。ライブで聴きたいカッコ良さ。

② So Far Away
は、最初のワンフレーズ、So Far Away~が流れただけで、その場の風景が違ってみえてくるのは私だけ…?
あの独特の空気感がとてもよくて。淡々とした世界なのに、引き込まれる重みがあり。
ピアノのバッキングが音数少なめで、その間がまた切ないんだわ、その間にこそ、こぼれ出た感情が浮かんできたりして…そこがまた切ない。

③  It’s Too Late
れはとても有名。
キャッチーで表情豊かな展開。これは大ヒットを飛ばしたナンバー、というのも納得。
エレクトリックな現代風アレンジにしても違和感なく聴けそうな、ポップな要素も多いにアリです。
Swingoutsisterあたりが歌ってそうな感じ…。

⑨ Will you  love me tomorrow

これ…かなり好きです。相変わらずピアノのアレンジ…凝ってますね。

幸せにあふれて満たされた風景を歌っているのに…なんだか泣きたくなるのはこの曲です…。

⑪Tapestry 

やっぱりこの曲!ドラムレスで、淡々と進んでいく中で、ウーリッツァー(エレピ)がとても効果的に使われています。 

淡々と進行する中にも静かな情熱がふくらんでくるのを感じて…やっぱりキャロルキングらしさがとても出ている曲なのではないかと思うのです。 

エンディングの、行き急ぐような盛り上がり方が、鍵盤弾きぽくて、私は好き。 

 

古き良き懐かしい時代、フォーク、70年代の女性シンガーソングライター、なんてイメージをあてはめようとすると、キャロルキングって意外とクール。 

実は歌声が特徴的だったりするのです。 

 

わりと直線的。ビブラート控えめ。黒っぽいけどどこかロック寄り? 

その声からは、なごめる、浸れるあたたかさをも抱えながら、カーペンターズのカレンのような、母性のような穏やかさとは対照的に、どことなく芯のとがった、強い女性像が押し出されているように感じます。 

 

それこそが私の憧れ像なんですけどね。 

 

やっぱりピアノ弾き語りといえばキャロルキング。 

私は歌は歌えないけど、私にとって憧れのアイドルの一人です。  

キャロルキングみたいに、たくさんの人が安心して寄りかかれるような…そんな曲を私も作れたら幸せだな。

« The Rose | トップページ | Let’s Wedding »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113026/9735708

この記事へのトラックバック一覧です: Tapestry(つづれおり)/キャロル・キング:

« The Rose | トップページ | Let’s Wedding »