2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月17日 (土)

ワルツ・フォー・デビー/ビル・エバンス

まるで恋人同士のようなトリオ。

わりと最近出会った人と、音楽の話で盛り上がったときに、私がピアノを弾く、と言ったら、「じゃあエバンス系でしょ?好きでしょ?」と言われ…。
なんだか見透かされてるみたいで、わけもなく恥ずかしくなってしまった…。確かに、エバンス好きです。

とにかく美しく流麗な旋律、ジャズの重いコードの響きもキレイで、タッチも流れるように繊細で官能的で…酔いしれます。

エバンスのタッチは、やさしく女性に触れるような…甘い世界を生み出しています。

でもそんな甘さばかりではなく。しっかりワイルド、時にはブラック系なテイストもあり。
名盤「ポートレート・イン・ジャズ」に収録されている「枯葉」は、それは度肝を抜かれる衝撃だった…。これはスゴイ!!
いわずと知れた、ジャズのスタンダードである「枯葉」も、エバンスが弾くとこうなる…。
繊細な部分は残しつつ、確実にダイナミックで息もつかせぬ展開…すばらしい演奏。さすが巨匠。他に言葉がみつかりません…。

そして「ワルツ・フォー・デビー」

初めて聴いた瞬間に、恋におちました…。。素敵…うっとり。
すごくエバンスらしい曲なんじゃないかなあと勝手に思っているのですが。

最初のフレーズからもう魅力的で、ドキドキ。
彼の繊細さ、透明さ、たたみかけるようなせつなさが、音とその間から伝わってきて…。

そうなの、その音と音との「間」ってせつなさの極致。

ためている思いが、その「間」に、必死にこめられているような気がして…。この曲に限ったことではないけれど、「間」の持つ妙というか何というか…「間」の効果って音楽にも絶大。
以心伝心、言葉(音)の無い瞬間にこそ伝わる思い…。

誰かを大事に、いとおしく思う、恋する気持ちがあふれているような気がして。
きっと、思いを寄せる女性への気持ちを束ねて作られた曲なのね…、と思いきや。
エバンスの姪のために作られた曲らしく…あらららら…(笑)

そういわれてみるとなんとなく可愛らしくも…でもこの上なくロマンチックな雰囲気。
そのロマンチックさを放出してしまわないよう、どこかで抑えながら、情熱をくるんで抱え込むように語りかけるエバンスがとても魅力的…。

トリオとしてのバランスもまた絶妙。
よどみなく、スムージーなべース…。
4ビートなのに、ガツガツしたビート感はうすくて、エバンスのピアノにならって歌うようになめらか。
ベースソロではその存在感を発揮しながらも、エバンスに寄り添うように盛り上げています。
演奏しながら通じ合う気持ちをたしかめているかのように、相性抜群で、恋人同士のよう…。

 エバンスが亡くなって今年で25年。
ちょうど私がピアノを弾き始めたのもその頃だ…。

彼の晩年は狂気と悲愴感にあふれていたらしく。
ドラッグで身体はぼろぼろになり、薬を打ちすぎて動かなくなった腕で必死に演奏していたそうで…。
来日するも日本への入国を許可されなかったこともあったとか。

 こういう胸が痛むような亡くなり方をしているミュージシャンて多いですね。
エバンスはステージで演奏中に倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまったようです…。
死ぬ瞬間でさえも音楽から離れようとしなかった、どこまでもミュージシャンであったエバンス…。

私の中では、「ポートレート・イン・ジャズ」のジャケットの、七三分けでキリっと潔く、意思の強さをうかがわせるエバンスの表情がとても印象的。
でもやさしく繊細でリリカルなフレーズをたくさん生み出していたのね、と思うと。
生で演奏をみたかったな…。                  

2005年9月 4日 (日)

続・赤いスイートピー/松田聖子

夢が壊れた、7年後。

松田聖子、大好きです…。。

本当―にいい曲に恵まれてますね、聖子ちゃん。

アイドルの域にはおさまらないような名曲揃いで、オトナになった今改めて聴いてみると驚きの連続。作家陣ももちろん、桁外れで豪華だし、しかも歌いこなすには難曲も多く…。

「赤いスイートピー」は、多くの女性の心をつかみ、それまでのファン層を大きく変えてしまう勢いで、女性に絶大な共感と支持を得た名曲。作詞は松本隆、作曲とアレンジはユーミン夫妻。

おそらく、お互いにとって、これが初めての本当の恋?という恋の入り口に立った、大人一歩手前の二人が初々しくて、純粋さが切なくて。
誰もがきっと、見守ってあげたいなあ、とあたたかな気持ちになるような…、微笑ましい世界。
そんな世界をユーミンの叙情的なメロディが盛り上げていて。まさに王道・青春ソング。
きっとこれからの二人には幸せが待っている、誰もがそう思っていたはず…なのに。

それから7年後の、「続・赤いスイートピー」。

二人はその後、別れてしまっていたことが判明します…。

作詞は同じく松本隆、作曲・アレンジはデヴィッドフォスターという、私的には超・夢の饗宴!!
そしてこの曲が収録されているアルバム「Citron」は、当時、世界が大注目のスーパー売れっ子プロデューサー、デヴィッドフォスターのプロデュース作品!お金かかってます。
作曲・アレンジはもちろん、デュエットまでしてる曲もあったりして…。このアルバムで一番有名な曲といえば、「抱いて…」かな。

サウンド的には、当時最先端の?打ち込みサウンドが主流。
今聴くと懐かしい音がたくさん…。シンドラの音とか、モロ・デジタル・80年代ぽいのもあり。
もなんだか気になるのが、聖子のボーカル…。

なんだかいつもの彼女らしくない、のびのび楽しく歌ってる感じがまったくないような気がして…。ちょっと違和感。でもピッチは超!正確。
無理にピッチ矯正に力を入れるあまりに、曲想が死んじゃった、という典型的なパターンなのかな…。初めてのレコーディングとかでよくありがちな例なんだけど。

アレンジも凝っていて。
⑩「林檎酒の日々」は、後に彼のアルバム「シンフォニー・セッションズ」の中の一曲にも取り上げられているほど、彼のお気に入りとなったようで、オーケストラアレンジが美しい。映画のサントラみたい…。
⑨「四月は風の旅人」も70年代AOR風アレンジで、フュージョン好きの人に人気のある曲。
全体を通してサウンドもボーカルもきっちり五分五分くらいで、どっちも主張しすぎない、普通のアイドルとも一線を画したレベルの高い仕上がりになっています。

そして⑦「続・赤いスイートピー」。

「赤いスイートピー」のような牧歌的な雰囲気はあまり無く、淡々とした8ビートにクールな歌い方が、ちょっと大人になった女性の雰囲気。

彼とは別れてしまったのですね…。

彼はすでに幸せな結婚をしたそうで…。

「優しいあなたには 優しい人がいい 女らしくておとなしい人が」ってあたりがなんだか。
負け惜しみ?なんていい方は悪いけど、未練?とまではいかなくても、彼女の中での彼の存在は大きかったんだなあ、と想像つきます。

それほどの恋愛だったのでしょう。

恋愛って燃え上がれば燃え上がるほど、終わったときに後味が悪くて。それが初めての本気の恋愛だったら尚更…。

そうやって痛い目みながら大人になっていくのですねー。何度もやってたら身が持たなくなるけど(笑)失恋が女をキレイにさせる、人を成長させる、というのは納得です。

でも「赤いスイートピー」の二人は、幸せに向かっているものだと、誰もが信じて疑わなかったのに…まさかこんな結末だったとは…ちょっと夢を壊された気分。
でもこれが現実なのかもしれませんね。
恋愛に限らず、初めてのことって思いのほかうまくいかない…。

そして最後の最後が、これまた圧巻。

『もしもわがままを言わずに 生きれば 運命は違ったの?』

……人生とはこの繰り返しである、と思う…。。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »