2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロマンティック/AIRPLAY | トップページ | 続・赤いスイートピー/松田聖子 »

2005年8月26日 (金)

モーグ博士。

シンセサイザーの創始者、あのモーグ博士が21日にお亡くなりになったそうです。71歳。

私が物心ついた頃にはもう、シンセはデジタルが主流だった…、DX7が発売された当時、私は確か小学生だったはず。

シンセって。昔の私にとっては楽器と言うよりはマシンだったかな。

ピアノ弾けるからそれじゃあキーボードね?ってな軽いノリで足を踏み入れた世界は…とてつもない未知の世界だった。

FM・PCM、アルゴリズム…オシレータ、アンプリファー、フィルター、サイン波…?シーケンサ、エフェクター…ボタンもスライダーもたくさん、ベンダーやらモジュレーションホイールまで…リアパネルには外部機器をつなぐためのもの?端子がたくさんついていて…。MIDI??ディスクドライブ??しかもこれをマックにつないでシーケンサと連動?同期??こんな機械、使いこなせるようになるの??とりあえず鍵盤はついていたので、唯一安心できたのがそこだけだった…。

こんなのミュージシャンがやる仕事じゃないでしょー、私はエンジニアじゃないもんっ!!わからないことだらけで格闘しつつも、でも確実に楽しかった、わくわくドキドキした、シンセ前の自分。ピアノだけじゃない、あらゆる音が鳴らせて自分の好きな音が作れる、夢のマシン。必死だったなー、とにかくコイツを使いこなせるようになってやる!!って。

そんなシンセサイザーたちの先祖にあたるのが。アナログシンセサイザー、Moogだったわけで。

発売された当時はそれは大騒ぎだったことでしょう…。現実にはありえない音が出る楽器なんて…。それからいくつもの進化を遂げて…MIDIやシーケンサ、現代の音楽事情に無くてはならないものたちも、元を辿ればすべて、Moogに行き着く…。

今でこそ、コンピュータは計り知れない進化を遂げて。現代のデジタルシンセも同時発音数が3桁、なんてのが当たり前なのかもしれないけど、当然アナログシンセなんてモノ(1音)だったはず…。

リアルタイムだとMoogで有名なプレイヤーって…キースエマーソン…かな?私も昔(リアルタイムではありませんが・笑)あのテクに憧れ、コピーしたのもです。腱鞘炎にはならずに済んだけど(笑)

現代は。今だからこそ、あえて逆に?アナログシンセファンもたくさんいますね。あの音はアナログじゃないと、Moogじゃないと、って音を求めるアーティストがたくさん。理屈で言うと、アナログシンセは、一度作った音とまったく同じ音は二度と作れない…。デジタルシンセはバッチの切り替えひとつで、インターナルにストアされている音がいつでも鳴らせるけど…。その辺がまたアナログの味であったり、刹那的な魅力(笑)であったり。芸術かな。デジタルよりも楽器に近いシンセ。

一時期は私もシンセやサンプラー、音源やら周辺機器、あらゆる機材に囲まれた生活をしていたこともあったけど…。今の今は、手持ちのマシンはデジタルシンセが二台とアコピのみ。でも私は、シンセのおかげで確実に今までの人生の半分は楽しめたと思う…。

アナログは手にしたことはないけど、いつかチャレンジしてみたい…。でもMINI Moogとか、たまーに実物を見かけるとびっくりしちゃう。あーっ、Moogだっ!!本当にあるんだ、って(笑)一番初期のDX7をみかけたときも興奮したけど、あー、DX7だ、茶色いっ!!本物!って(笑)DX7も80年代以降の音楽に多大な影響を与えた、日本が誇る、歴史的・革命的な位置づけにあるデジタルシンセだけど。そんなDX7があるのもきっと、Moogがあったからこそ…。

Moogって特別な、シンセたちの教祖的存在。

Moogが無ければ生まれない音楽もあっただろうし、世界も違っていたはず…。

世界中のあらゆる音楽を変容させた張本人。

モーグ博士、たくさんの夢と音をありがとう。

« ロマンティック/AIRPLAY | トップページ | 続・赤いスイートピー/松田聖子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113026/5651491

この記事へのトラックバック一覧です: モーグ博士。:

« ロマンティック/AIRPLAY | トップページ | 続・赤いスイートピー/松田聖子 »